注目のスタートアップ

養豚経営管理システム「Porker」提供の「Eco-Pork」が6億円調達

company

2022年4月22日、株式会社Eco-Porkは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。

Eco-Porkは、養豚経営管理システム「Porker」を開発・提供しています。

AI・ICT・IoTの3つのテクノロジーにより、生産管理と環境負荷の改善を実現するシステムです。

これにより、養豚農家の作業効率改善、生産性改善、疾病対策などを支援しています。

今回の資金は、すでにリリース済みのセンシングAI/IoTの最終化、豚体調管理サービス・農場環境制御などAI制御IoTの研究開発・サービス化に充当します。

センシングAI/IoTの最終化により生産の予測管理が可能となります。

世界的な人口増大により、早くて2030年にはタンパク質の需要と供給のバランスが崩れ始めると予測されています。

この危機をタンパク質危機と呼びます。世界では畜産の倫理性と環境問題が取り沙汰されており、新たなタンパク質の開発・提供が進んでいます。

一方で、国内の畜産は農業の総産出額の約3割を占め、そのうち養豚は約2割を占めています。養豚産業の産出額は約6,600億円(2020年)であり、これは即席麺市場やライブエンターテインメント市場などとほぼ同等の規模です。

将来的には代替肉などのシェアが拡大し畜産は徐々に縮小していくと見られますが、一気に市場が消失するということにはならないでしょう。

畜産の環境負荷としては、ウシが二酸化炭素の約28倍の温室効果のあるメタンガスをげっぷとして放出するため、大きな課題として認識されています。一方でブタはウシほどメタンガスを排出しないことがわかっています。そのため、長く肉を食べていくためには、将来的に養豚が注目されることもありえます。

Eco-Porkは、持続可能な養豚と養豚産業の環境負荷の低減を実現するために「Porker」を提供しています。

業務効率化はすべての領域において重要です。創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI ICT IoT Porker 株式会社 生産管理 畜産 管理 経営管理 資金調達 食肉 養豚 養豚農家
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

不動産投資プラットフォーム運営の「リーウェイズ」が1億2000万円の資金調達を実施
リーウェイズ株式会社は、約1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社SXキャピタルが運営するファンドです。 リーウェイズは、AIを活用した不動産投資プラットフォーム…
アド・フラウド対策ツール「SpiderAF」提供の「Phybbit」が3.2億円調達
2019年11月21日、株式会社Phybbitは、総額3億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIを搭載したアド・フラウド対策ツール「SpiderAF」を提供しています。 アド・フ…
データカタログSaaS開発の「Quollio Technologies」が5,000万円調達
2022年1月11日、株式会社Quollio Technologiesは、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 データカタログSaaSの開発を行っています。 既存のデータサービスに対…
現場の音声コミュニケーションソリューション提供の「BONX」が7億円調達
2021年9月6日、株式会社BONXは、総額約7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 グループトークソリューション「BONX WORK」と、専用イヤフォンである「BONX Grip」・「BON…
訪問介護・家事・生活支援マッチングサービス「CrowdCare」運営の「クラウドケア」が1.1億円調達
2021年11月3日、株式会社クラウドケアは、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 訪問介護・家事・生活支援マッチングサービス「CrowdCare(クラウドケア)」を運営して…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ