行政サービス情報を標準化する「ユニバーサルメニュー」を活用したサービスを提供する「アスコエパートナーズ」が資金調達

2020年7月28日、株式会社アスコエパートナーズは、資金調達を実施したことを発表しました。

また、引受先である株式会社電算システムとは業務提携契約も締結しています。

国・自治体行政サービス情報をわかりやすくするための標準メニュー体系「ユニバーサルメニュー」を活用し、以下のサービスを提供しています。

・行政サービスに関する情報を、Webサイトを始め、アプリ、オープンデータ、AIなどIT分野で活用しやすくするためのデータベース提供サービス「UMコンテンツデータベース」
・ユニバーサルメニューを基盤とした自治体情報発信プラットフォーム「UMプラットフォーム」
・Webサイトのデザインやシステムのリニューアルだけでは実現できない課題を解決するためのコンサルティング・サービス「ユニバーサルメニューコンサルティング」

また、行政サービスと子育て世代をつなげる「子育てタウン」、役所窓⼝の3密を解消する「STOP3密!申請トータルパッケージ」、「⼿続ナビ」「申請サポートプラス」、地元のおトクな行政情報データベース「ジモトク」も提供しています。

国・自治体などの行政機関のWebサイトは、“みつけたい情報がみつからない”や、“情報が理解しにくい”などの課題があります。

利用者視点の欠如や、運営体制の課題、ユーザービリティへの対応不足などを解決するために開発された標準メニュー体型が「ユニバーサルメニュー」です。

消費税を財源とした子育てに関する支援など、行政サービスの数も増えてきており、市民が行政サービスの活用できる体制の整備も求められています。

「ユニバーサルメニュー」により市民が行政サービスを利用しやすくなり、社会はよりよく変わっていくでしょう。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、起業の際に利用できる補助金・助成金の情報や、行政機関などが行っている創業支援などについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ アスコエパートナーズ データベース ユニバーサルメニュー 情報 株式会社 行政 行政サービス 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ