「アールキューブ」による結婚式などを贈れるギフト・サービス「Anyのふたりへ贈る結婚式」が正式リリース

2020年7月16日、株式会社くふうカンパニーは、グループ会社の株式会社アールキューブが、「Anyのふたりへ贈る結婚式」を正式リリースしたことを発表しました。

「Anyのふたりへ贈る結婚式」は、家族、友達、同僚などが新郎新婦に結婚式が贈れるギフト・サービスです。

今回の正式リリースにより、結婚式だけでなく、エンゲージメント・フォトや、ウェディング・ドレス、似顔絵なども贈れるようになっています。

アールキューブはほかに、結婚式のプロデュース・サービス「Any」や、小規模な挙式プラン「Anyのふたり挙式」を運営しています。

2018年における国内のウェディング市場の規模は、約2.4兆円で、婚姻組数は約59万組(前年比2.8%減)となっています。

国内人口の中長期的な減少傾向により婚姻組数も減少傾向にあります。しかし、結婚披露宴を行わず役所に婚姻届を提出するだけの“ナシ婚”や、晩婚化に伴う再婚組数の増加など、新たな婚姻形態があり、潜在的な市場は存在しています。

また、ウェディングにかける費用は年々増加しています。要因としては、ハウス・ウェディングのシェア拡大により、希望に沿ったウェディングが行えるようになったことや、初婚年齢の上昇により、おもてなしを重視する層が増えたことが挙げられます。

ウェディングに対するにニーズが多様化しているため、柔軟性のあるサービスを提供することが重要だと分析されています。

縮小傾向にある市場や、新たな市場に参入する際には、自社の強みと弱みを分析することが重要です。「冊子版創業手帳」では、事業を分析するためのフレームワークを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ any Anyのふたりへ贈る結婚式 Anyのふたり挙式 アールキューブ ウェディング ギフト くふうカンパニー サービス ブライダル リリース 株式会社 結婚式

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ