日本語会話学修プラットフォーム「日本語.COM」運営の「GEパートナーズ」が資金調達

company

2020年7月7日、GEパートナーズ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

2020年6月1日から、日本語会話学修プラットフォーム「日本語.COM」のβ版を提供しています。

日本語検定合格のためではなく、日本語のコミュニケーションに重点を置いたオンライン学修サービスです。

オンラインでの一対一の会話学修や、専属コーチによるコーチング、単語学修、動画文法学修、聴解学修、読解学修により日本語の学修をサポートするサービスです。

日本語能力試験の受験者数は、2017年は約88.7万人で、2018年には約101万人と前年度比でみても大きく増加していることがわかります。

また、アンケートを実施した海外の応募者(有効回答者数約34万人)のうち約10%(約3.4万人)が、日本での仕事や就職・昇給・昇進のために受験したと答えています。

そのため、日本での就業を主目的とした日本語学習の需要もこれからさらに伸びてくると考えられます。

海外の人材の採用や、海外展開は企業に大きな成長をもたらすかもしれません。「冊子版創業手帳」では、海外展開の始め方や、日本貿易振興機構(JETRO)の活用法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ GEパートナーズ オンライン コミュニケーション プラットフォーム 学修 日本語 日本語.COM 株式会社 語学 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ