オンラインM&Aマッチング・プラットフォーム運営の「M&Aクラウド」が2.2億円調達

company

2020年6月24日、株式会社M&Aクラウドは、総額約2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

オンラインM&Aマッチング・プラットフォーム「M&Aクラウド」を運営しています。

オンラインで買い手の情報を閲覧し、直接打診ができるM%A・資金調達のマッチング・プラットフォームです。売り手の利用は無料となっています。

また、買い手から売り手にアプローチできるスカウト機能や、おすすめマッチング先の表示機能なども搭載しています。

今後、M&Aにおける、プレゼンテーションや、デュー・デリジェンスにおけるサポートまでを一貫して提供することで、“希望のM&A/資金調達が成立する”プラットフォームへの進化を目指していくようです。

今回の資金は、売り手企業の概要と買収メリットをまとめた企業概要書の自動生成機能や、「M&Aクラウド」以外の案件も含めて管理できる案件管理機能などの開発などに充当されます。

日本におけるM&A件数は増加を続けており、2019年には4,000件を超えています。

要因としては、曖昧だった法律の整備が進んだことや、時代の変化のスピードについていくため、海外展開のための海外企業の買収、事業継承のためなどがあります。

しかし、企業の成長のために行ったM&Aの成功率は2~4割と言われており、あまり高い数値とは言えません。経営者のM&Aに関する知識不足や、売り手・買い手の企業文化の理解不足などが原因だと分析されています。

また、中小企業は知名度や他社とのつながりが薄いため、M&Aの相手を見つけることも困難となっていることも大きな課題となっています。

人材不足の解消や、経営改善、中小企業の事業継承の手法としてM&Aが必須となっていくことが考えられます。

資金調達に関する情報をまとめた「資金調達手帳」では、ベンチャー企業の視点から、M&Aのメリットや成功パターンについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ M&A M&Aクラウド プラットフォーム マッチング 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ