サブオービタル・スペースプレーン開発の「SPACE WALKER」が3.25億円調達

company

2020年6月22日、株式会社SPACE WALKERは、総額3億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

サブオービタル・スペースプレーン(宇宙飛行機)の設計・開発を行っています。

2022年に科学実験を目的とした機体の開発、2024年にサブオービタル・スペースプレーンを利用した小型衛星の打ち上げ、2027年に宇宙旅行の実現を予定しています。

今回の資金は、サブオービタル・スペースプレーンの実証機である「WIRES」#013、#015の設計・開発・製造に充当されます。

宇宙に到達するにはロケットの打ち上げが必要であり、これには膨大な費用がかかります。しかし、宇宙といっても、周回軌道に乗らず、高度100km以上の宇宙空間に到達したあとに地上に帰還するサブオービタル(準軌道)なら民間企業でも実現可能なコストで行えます。

高度100kmに到達するだけでも衛星を打ち上げることができるため、サブオービタル機の開発はビジネスとして成立させることができます。

宇宙ビジネスの世界での市場規模は、2018年の時点ですでに4,000億ドルを突破しています。今後さらに活発となっていくことが予測されています。

スケールの大きなビジネスには、多くの資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、創業期の資金調達について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SPACE WALKER スペースプレーン 宇宙 技術 株式会社 研究開発 資金調達 飛行機

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ