学習の習慣化プラットフォーム「Smart Habit」開発・運営の「WizWe」が資金調達

2020年6月11日、株式会社WizWeは、日本政策金融公庫より、特別融資制度「新事業育成資金」が適用されたことを発表しました。

学習の習慣化プラットフォーム「Smart Habit(スマートハビット)」を開発・運営しています。

過去1万人の学習者の行動データを活用し、学習の習慣化をサポートするサービスです。

学習者には専属のメンターが個別にコミュニケーションを図り、成果実現のためのサポートを行います。

また、過去のデータ分析にもとづき、最適なタイミングで、学習者ごとにコミュニケーションを図り、学習の促進や離脱の防止を行い、学習をサポートします。

2020年6月現在、学習プログラムには以下のものがあります。
・英語学習
・日本語学習
・中国語学習
・人材グローバル化研修

今回の資金は、企業向け語学研修プログラムの導入拡大や、専門学校や大学などのスクール向けプログラム「Smart Habit for School」導入本格化に充当されます。

多くの日本企業は海外進出の拡大に意欲を持って取り組んでいます。しかし壁となっているのはやはり言語の問題です。

テクノロジーの活用により、便利で質の高い語学学習サービスがいくつも提供されており、学習の環境は整っていると言えます。そんな中、課題となっているのは学習の継続です。

社会人の語学学習には、キャリア形成のためや、将来的な海外進出のためなどの動機があり、継続のためのモチベーションが保てないことがあります。

そのため、「Smart Habit」などメンタリングやコーチングを、学習状況に応じて行ってくれるサービスは、社会人の語学学習にとって最適かもしれません。

海外進出はビジネスを大きく成長させるチャンスです。「冊子版創業手帳」では、創業期の海外進出のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Smart Habit WizWe スマートハビット プラットフォーム 学習 株式会社 習慣 語学 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ