注目のスタートアップ

小型分散型アンモニア製造プラントの社会実装・商用化を目指す「つばめBHB」が53億円調達

company

2024年2月21日、つばめBHB株式会社は、総額約53億円の資金調達を実施したことを発表しました。

つばめBHBは、小型分散型アンモニア製造プラントの社会実装・商用化を目指しています。

世界初となるエレクトライド触媒を活用した、低温・低圧でアンモニア合成が可能な小型分散型アンモニア製造プラントでのオンサイトアンモニア生産の実現を目指しています。

今回のラウンドでは、海外投資家として、ドイツを本拠地とするHeraeus Beteiligungsverwaltungsgesellschaft mbHc(ヘレウス社)が参画しています。ヘレウス社は、多角的かつグローバルに展開するテクノロジー企業です。

ヘレウス社の協力を得て、ヨーロッパを中心としたアンモニアの事業開発や、サプライチェーン強化を推進していきます。


アンモニアは、常温では無色の透明な気体で、強い刺激臭を持っています。加圧あるいは冷却によって簡単に液体になります。

アンモニアは多様な化学製品の基礎的な原料としてよく利用されています。

もっとも一般的なのが農業用肥料です。実に世界で生産されるアンモニアの8割が肥料として使われています。

ほかにも、樹脂・食品添加物・塗料・接着剤・合成ゴム・洗剤など、さまざまな用途で利用されており、現代社会にとってなくてはならない化合物のひとつです。

そして、近年はアンモニアの新たな用途として、エネルギー分野での活用が注目されています。

アンモニアは水素分子を含む化合物であり、次世代エネルギーとして注目される水素のキャリア(輸送媒体)として活用可能です。

水素は通常時は気体であるため、輸送するためには冷やしたり高圧で圧縮したりして液体にする必要があります。しかし冷却の場合は-253度といった超低温が必要となります。一方で高圧の場合においても、高圧水素が金属を劣化させるという性質を持っているため、特殊ステンレス鋼やアルミニウム合金などの材料を利用したタンクが必要であるため、低コスト化が課題となっています。

このように水素の輸送には複数の課題があるのですが、アンモニアはすでに生産・輸送・貯蔵の技術が確立されているため、一度アンモニアに変換して輸送し、利用する場所で水素に戻すという方法が考えられています。

さらに、そもそもアンモニア自体を燃料として利用することについても研究が進められています。

アンモニアは燃やしてもCO2を排出しないため、アンモニアを火力発電用燃料として利用するための研究開発が進められています。

一方でアンモニアを燃やすとNOx(窒素酸化物)という人体に悪影響を及ぼすガスが排出されるため、これをどう抑えるかといった点が課題となっています。

さらに、アンモニアは製造過程で多くのエネルギーを使用してしまうことも課題となっています。次世代エネルギーへの転換は環境負荷低減を目的としているため、アンモニア活用のためには、こういった点をクリアする必要があります。

つばめBHBが手がけるプラントは、小型であるため地産地消を可能にします。アンモニアプラントは大型であり、かつコストがかかるものであるため、製造プラントを保有していない国も多くあります。こうした国でもアンモニア製造を可能とします。

また、輸送・保管のプロセスが低減されるため、それに伴う二酸化炭素排出量を削減することが可能です。

研究開発型のビジネスでは資金調達が非常に重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB アンモニア つばめBHB ブランド 分散 化学 合成 地産地消 小型 株式会社 製造 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

独自のドローン機体開発技術と自動操縦ノウハウを活かしたドローンショー事業を展開する「ドローンショー」が1億円調達
2023年4月10日、株式会社ドローンショーは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ドローンショーは、ドローンショー事業や、クリエイティブ事業(ドローン空撮、ワークショップ)を展開し…
コミュニティデータの統合分析サービスを提供する「KEEN」が2億円調達
2023年6月20日、KEEN株式会社は、2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社フリークアウト・ホールディングスです。 KEENは、コミュニティ内のユーザーデータ統合分析ツ…
調理ロボット開発の「TechMagic」が15億円調達
2021年9月7日、TechMagic株式会社は、総額15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 飲食店向けの調理ロボットや業務ロボットを開発しています。 株式会社プロントコーポレーションと共同…
日本円ステーブルコイン「JPYW」を発行する「PassPay」が資金調達
2022年6月13日、PassPay株式会社は、総額2,800万円の資金調達を実施したことを発表しました。 PassPayは、2022年3月に日本円ステーブルコイン「JPY World(JPYW)」を…
保育園向け離乳食・幼児食食材キット「baby’s fun!」を提供する「sketchbook」が資金調達
2022年5月9日、株式会社sketchbookは、資金調達を実施したことを発表しました。 sketchbookは、保育園向け給食支援サービス「baby's fun!(ベビーズファン)」を提供していま…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】