DPC対象病院に特化した地域連携強化サービス「foro CRM」提供の「メダップ」が1億円調達

2020年6月4日、メダップ株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

大病院(DPC対象病院)に特化した地域連携強化サービス「foro CRM」を提供しています。

医療分野での関係構築・マーケティング・データ分析の専門家による伴走支援と、CRMツールを組み合わせた、地域連携強化サービスです。

超高齢社会における医療や介護の課題を解決するためには、ICTによる医療・介護のサービスの向上が必要です。

ただし、個々の施設におけるサービスが向上すればよいというわけではありません。たとえば多くの患者は設備の整った大きな病院に直接受診に行く場合が多く、医療リソースを有効に活用できていないという課題があります。そのためには、周辺の施設や機関との連携が必要となります。

メダップは、Fax・電話・対面などアナログな方法でのコミュニケーションをデジタル化し、またデータを分析することで連携活動の戦略立案と効果検証を可能にするプラットフォームを提供することで、医療機関同士の連携の変革を目指しています。

医療業界だけでなく、スタートアップにおいても企業間の連携は重要です。お互いのリソースを補うような連携ができれば、大きな成長につながるでしょう。「冊子版創業手帳」では、創業期における人脈の作り方について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CRM foro CRM サービス データ メダップ 分析 医療 地域 株式会社 資金調達 連携

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ