個人向け資産運用サービスを開発する「sustenキャピタル・マネジメント」が3億円調達

company

2020年6月1日、株式会社sustenキャピタル・マネジメントは、3億円の資金調達を実施したことを発表しました。

バランス型投信やロボット・アドバイザーとは一線を画す、品質の高い分散投資をスマートフォンから手軽に始められるサービスの提供を目指しています。

現在、日本において個人投資家向けに提供されている分散投資は、1952年に発表された理論や、1964年に発表された理論にもとづいて設計されたものが大半を占めています。

sustenキャピタル・マネジメントは、古典的理論を踏まえつつ、2000年代以降に学術界で研究が進められてきたファイナンス理論も取り入れた品質の高い分散投資を開発しています。

少子高齢化により年金などの社会保障制度はこれまでと同様にはいかないと予想されています。そのため個人での資産形成が注目されており、日本のロボ・アドバイザーの市場規模は、2019年の口座数は約70万、2020年度110万口座になると予測されています。

また、2020年度移行は3年で倍増すると試算されており、分散投資においてロボ・アドバイザーがメジャーになるとみられています。

企業の運営においても、お金の問題はつねにつきまとうものです。「冊子版創業手帳」では、資金調達やキャッシュ・フローのノウハウについて詳しく解説しています。また、創業手帳の無料会員には、無料で専門家をご紹介しておりますので、こちらもご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ sustenキャピタル・マネジメント ロボ・アドバイザー 個人 分散投資 投資 株式会社 資産 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ