フード・デリバリー専門店「Ghost Kitchens」展開の「ゴーストレストラン研究所」が資金調達

company

2020年5月29日、株式会社ゴーストレストラン研究所は、資金調達を実施したことを発表しました。

実店舗を持たず、Uber EatsやChompyなどのデリバリー・サービスを利用して料理を届ける「Ghost Kitchens」を展開しています。

2020年5月現在、「Ghost Kitchens」はマルチ・ブランド戦略により9ブランドを展開しています。

今回の資金は、初の実店舗でのテイク・アウト業務の開始、新ブランドの展開、冷凍キットを販売するDirect to Consumerビジネスの展開に充当されます。

実店舗を持たず、シェア・キッチンなどで調理を行い、デリバリー・サービスを利用して販売する形態を、ゴースト・レストランやクラウド・キッチンと呼びます。

これはUber Eatsなどのデリバリー・サービスの普及によって生まれた新しい飲食店の形です。

この形の一番のメリットとしては初期費用が抑えられることにあります。一般的には、飲食店の開業には、数百万円から1,000万円ほどの費用がかかります。しかし、ゴースト・レストランの場合は、安くて数十万円から開業することもできます。

新型コロナウイルス感染症の流行によりデリバリー・サービスの利用率が上がることが考えられるため、ゴースト・レストランもさらに増えていくのではないでしょうか。

また、ゴースト・レストランが拡大するにつれ、シェア・キッチンの拡大や、新たな革新的なサービスの誕生も起こるはずです。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「飲食開業手帳」では、出店、資金、採用・教育、仕入れ・調達、集客という項目に分け、専門家や起業家の声を参考にした、飲食店の開業に関するノウハウを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Ghost Kitchens クラウド・キッチン ゴースト・レストラン ゴーストレストラン研究所 フード 店舗 株式会社 資金調達 飲食

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ