「ライナフ」が遠隔からスマート・ロック/エントランスを操作・管理できる「スマートブッキング」をリニューアル

2020年5月15日、株式会社ライナフは、「スマートブッキング」をリニューアルして提供開始したことを発表しました。

「スマートブッキング」は、遠隔からスマート・ロックやスマート・エントランスを操作・管理する入居者管理サービスです。

入居者の登録や、鍵交換、工事業者が一時的に利用できるバーチャル・キーの発行などを遠隔で行うことができます。

住宅向けスマート・ロック「NinjaLockM(ニンジャロック・エム)」や、共用エントランスをスマートフォンで解錠する「NinjaEntrance(ニンジャエントランス)」など、ライナスが提供する製品を一元管理することができます。

また、「スマートブッキング」が提供するAPIにより、既存の入居者アプリ・サービスと自由に組み合わせることもできます。

不動産管理において収益を上げるには、管理する物件の数を増やすことが一番です。しかし不動産オーナーとの関係づくりはすぐに行えるものではなく、急激に管理戸数を増やすことは難しくなっています。

そのため管理戸数を増やすこと以外で収益性を向上させるため、業務効率化によるコスト削減が必要となっています。

管理会社の業務内容は多岐にわたり、またそれぞれの業務も煩雑です。そのため、業務改善率が高く、他のサービスと連携できる柔軟性のあるサービスが求められています。

業務支援ツールは、マンパワーの足りない創業期において力強い味方となってくれます。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ API NinjaEntrance NinjaLockM サービス スマート・ロック スマートブッキング リニューアル 不動産 株式会社 管理 遠隔
詳細はこちら

APIで簡単導入、遠隔からスマートロック・エントランスを操作・管理する「スマートブッキング」提供開始

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ