エッジAIのアルゴリズムを提供する「エイシング」が4億円調達

2020年3月24日、株式会社エイシングは、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。

エッジAIにおいて、導入機器側でのリアルタイムな自律学習・予測を可能にするAIアルゴリズム技術「AiiR」を開発しています。

このアルゴリズム技術を利用した代表的なアルゴリズムである「ディープ・バイナリー・ツリー(DBT)」は、高精度・軽量かつ環境の変化を逐次学習可能という特徴を持ち、製造業やモビリティ業界を中心に実装化が進んでいます。

今回の資金は、エッジAIアルゴリズムの専門開発チーム「Algorithm Development Group(ADG)」の開発体制の強化や、開発人材の育成、新たなエッジAIアルゴリズムの商用化に充当されます。

現場に近いデバイスで情報を処理するエッジAIは、自動運転など、数ミリ秒での判断が必要となる領域で求められています。

しかし、エッジ側では処理能力が限られるため、クラウドとエッジ組み合わせ、学習と予測を分担して利用することが主流となっています。

エイシングは、クラウドを組み合わさず、エッジ側のみで自立学習・予測するAIアルゴリズム技術を開発・提供する大きな挑戦をしています。

開発系のスタートアップは、優秀な人材の獲得がビジネスの成長には必要不可欠です。「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用の方法や、アウトソーシング活用などのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI AISing アルゴリズム エイシング エッジAI 技術 株式会社 資金調達 開発

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集