飲食店のキッチン稼働率を最大化する「CLOUD FRANCHISE」が資金調達

2020年2月26日、株式会社CLOUD FRANCHISEは、資金調達を実施したことを発表しました。

販売データを用い、全国の飲食店に適したフード・デリバリー・ブランドを導入し、飲食店が保有するキッチン・スペースの稼働率を最大化させる、クラウド・フランチャイズ事業を展開しています。

眠っているキッチン・スペースを有効活用できるため、売上をアップさせることができます。

また、オペレーション負担が限りなくゼロに近いメニューと運営マニュアルを提供しているため、アルバイトでも簡単にオペレーションを実施することができます。

飲食業界は、実店舗を持たずデリバリーを活用して料理を届ける、クラウド・キッチン(ゴースト・レストラン)という新たな業態が誕生しており、注目の市場です。

CLOUD FRANCHISEが展開するのは、いわゆる“遊休スペース”をクラウド・キッチンとして活用するビジネスです。

空いたキッチンを貸し出すシェア・キッチンというビジネスもありましたが、フード・デリバリー・サービスの成長により、このように新しい活用が生まれています。

また新たなサービスの登場により、飲食店の活用方法は広がることでしょう。

シェア・キッチンは初期費用を抑えながら利用することができますが、企業にもシェア・オフィスやコワーキング・スペースという選択肢があります。

冊子版創業手帳」では、シェア・オフィスやコワーキング・スペースのメリットや活用方法について詳しく解説しています。オフィス契約の参考にしてみてください。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CLOUD FRANCHISE クラウド・フランチャイズ 株式会社 資金調達 遊休スペース 飲食店

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集