注目のスタートアップ

長期滞在型ホテル「SECTION L」などを運営する「セクションL」が2.5億円調達

company

2022年9月27日、株式会社セクションLは、総額2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

セクションLは、自社ブランドの長期滞在型ホテル「SECTION L」の運営や、省人化ソリューションソフト、ゲストコミュニティプラットフォーム「InterSection」の開発を行っています。

「SECTION L」の運営では、北欧の高級家具ブランドや日本のローカルアーティストなどと協業し、オリジナリティのある空間づくりを徹底し、さらにUX/UIを重視したソフトウェアの開発やシティーガイドやコミュニティ機能の提供によって顧客体験を向上させることで、ホテル業界において高くても50%といわれるGOP率(営業利益率)において70%以上を達成しています。

今後、東京都内で2022年第4四半期〜2023年第1四半期にかけ、中央区3拠点、港区1拠点、文京区1拠点、台東区1拠点で「SECTION L」ブランドの宿泊施設の開業を予定しています。

コロナ禍により観光業は大きな打撃を受けることになりました。2022年9月時点で、倒産したホテル・旅館会社は100社を超えています。

一方で、コロナ禍においても業績を伸ばしているホテルもあります。これらのホテルの多くは、テクノロジーの活用と、新たな顧客体験の創出をキーワードとしています。

そもそもコロナ以前から宿泊業界は、高いインバウンド需要によって人手不足が大きな課題となっており、業務効率化とホスピタリティの向上を両立するための施策が求められていました。

コロナ禍によって顧客が大きく減少した状況では、効率化、ホスピタリティの向上に加え、顧客を集めるため、ホテルそのものの魅力を高める付加価値が必要です。

「SECTION L」は、長期滞在型ホテルにおいて、北欧家具やアートを利用し独自の空間を創造することで、顧客に唯一無二の体験を提供しています。

さらに、ホテルの運営方式についても、主流は運営母体が土地と建物を保有する「所有直営型」か、建物の保有者から賃借し運営会社が経営・運営する方式である「リース型」なのですが、セクションLは、ホテルの運営だけを引き受ける「運営委託型(MC方式)」を採用しています。

ホテル事業では「所有」「経営」「運営」という3つの役割がありますが、運営だけを行う運営委託型は、ブランドの品質を維持しやすい、リスクを抑えて事業を拡大できる、安定した運営委託料を受け取れるといったメリットがあります。

さまざまな業界でデジタル化が進んでいます。一部分をデジタル化するよりも、業務全体をデジタル化するほうが効果が高いことがわかっていますが、既存の業務を根本的に変えることは通常は高いコストがかかります。しかし創業期はまだ業務フローが確立されていないため、最新のシステムを導入し効率的な経営を実現することが可能です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SECTION L UI UX セクションL デザイン性 ブランド ホテル 宿泊施設 株式会社 資金調達 長期滞在型 顧客体験
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

中古車事業者向けオークション会場展開の「ユー・エス・エス」が「Global Mobility Service」と資本業務提携
2022年5月26日、株式会社ユー・エス・エスは、 Global Mobility Service株式会社と、資本業務提携を行うことについて決議したことを発表しました。 ユー・エス・エス(USS)は、…
自然言語処理AIを活用したSaaS提供の「ストックマーク」がカスタマー・サポート体制構築パッケージ「Zendesk Support Suite」を導入
2020年12月2日、株式会社Zendeskは、ストックマーク株式会社が、「Zendesk Support Suite」を導入したことを発表しました。 「Zendesk Support Suite」は…
農産物の流通現場向けSaaS「bando」運営の「kikitori」が5,000万円調達
2020年5月1日、株式会社kikitoriは、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 農業流通特化型SaaS「bando」を運営しています。 電話・FAXなどアナログなコミュニケ…
AIデータプラットフォームを提供する「FastLabel」が4.6億円調達
2022年8月10日、FastLabel株式会社は、総額4億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 FastLabelは、AIデータプラットフォーム「FastLabel」を提供していま…
AIによる配達ルート最適化サービス提供の「オプティマインド」が10.13億円調達
2019年10月24日、株式会社オプティマインドは、総額約10億1,300万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIを活用し、ラスト・ワン・マイルの配送ルートを短時間で計算するクラウド・サービ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ