管理機能つきの企業情報データベース「Musubu」がリリース

2019年11月11日、Baseconnect株式会社は、「Musubu」をリリースしたことを発表しました。

100万以上の企業情報を掲載している法人営業支援データベースです。

欲しいデータを絞り込める高精度の検索機能や、自社の情報を簡単に入力できるUIと紐付け機能、分析情報の提示や、次にアプローチすべき企業の情報の提示などを特徴としています。

Baseconnect株式会社 代表取締役社長 國重 侑輝氏のコメント

今回のニュースにつきまして、Baseconnect株式会社 代表取締役社長 國重 侑輝氏よりコメントが届きました!

國重 侑輝
1990年生まれ。大阪府出身。高校生の頃から、国際NGOの立ち上げを行うなど国内外の貧困問題に関わる。立命館大学国際関係学部在学中にインターネットスタートアップの株式会社Campusを創業。10以上の事業を立ち上げ、月間ユーザー数400万人を達成する。2017年にBaseconnect株式会社を創業。「世界中のデータを繋げることで、ダイレクトに必要な情報にアクセスできる世界を作る」ことを目的に事業を行う。リリースした企業情報データベースの利用社数はリリースから2年で3万社を超える。
ー新サービスを始めた経緯について教えてください。

國重:もともと企業の情報をデータベース化し、主に法人営業のご担当者様に活用いただいておりました。その中で「営業管理に工数がかかり、本来注力すべき業務に割く時間が取れていない」「既存のサービスでは解決できない課題を抱えているお客様がいる」といった課題をお持ちの方が多くいらっしゃることを知りました。

また「お客様が持っている独自性の高いデータと、弊社が提供している構造化されたデータを結びつけることで業務が大きく効率化される」という方向性も見え、そちらを進めることでお客様のより一層の課題解決につながると考え、新しい機能を加えてサービスをリリースいたしました。

ー今回の発表について、どのような反響がありましたか?

國重:これまでは記事にしていただけなかったメディアの方に取り上げていただいたり、既存のお客様から「新しい機能について詳しく教えてほしい」といったご相談を多くいただいております。

また、今後のサービスの方向性を示せたことで「こんなデータも取り扱ってほしい」や「今後このようなことはできるようになるか?」といった、将来の実装に関するお問い合わせもいただき、お客様からの期待を感じることができました。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

國重:Musubuとしては、より営業の皆様に役立つ各種機能の追加や、入力データに基づいた成約可能性の高い企業のリコメンド、企業に関するリアルタイムデータの提供など、業務全体をサポートするサービスに進化させていきたいと考えています。

会社としては、提供する情報の領域を広げ営業の方だけでなく、より多くの方に「ダイレクトに必要な情報にアクセスできる」という体験をお届けできるような事業の展開も検討しております。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ Baseconnect Musubu データベース リリース
詳細はこちら

【日本初】100万件以上の法人データを営業パーソンが自由に使える、管理機能つき企業情報データベース「Musubu」がリリース

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「日本商業不動産保証」が即座に運転資金を確保できる保証サービス「敷金半額くん」をリリース
2020年4月27日、株式会社日本商業不動産保証は、「敷金半額くん」の提供を開始することを発表しました。 「敷金半額くん」は、現在眠っている賃貸オフィスの敷金を流動化させ、一部を運転資金に置き換えるこ…
予算作成管理機能が強化されたExcel自動化ソリューション「Attack Board for Budget」がリリース
2019年10月29日、株式会社アグリーメントは「Attack Board for Budget」を11月1日からリリースすることを発表しました。 「Attack Board」は、Excelファイルの…
フリーランスや副業プロフェッショナル人材を提供する「スポットプロ人材シェア」がサービス本格展開
2019年11月12日、株式会社みらいワークスは、「スポットプロ人材シェア」のサービスを本格展開することを発表しました。 「スポットプロ人材シェア」は、IPOを目指すスタートアップや、IPO後のさらな…
法人営業支援企業情報データベース・次世代型検索エンジン開発の「Baseconnect」が18億円調達
2020年2月4日、Baseconnect株式会社は、総額18億円の資金調達を実施したことを発表しました。 法人営業支援データベース「Musubu(ムスブ)」や、会社に関するデータを提供するwikiサ…
オフィスなどの無線アクセス・リスクを軽減する「無線 LAN調査サービス」がリリース
2020年2月10日、株式会社ブロードバンドセキュリティは、「無線 LAN調査サービス」を提供開始したことを発表しました。 「無線 LAN調査サービス」は、オフィスなどのワーキング環境において、“盗聴…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ