自動野菜収穫ロボット開発の「inaho」が資金調達

2019年8月28日、inaho株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

自動野菜収穫ロボットと、そのロボットを活用したSaaSモデルのサービスを開発しています。

今回の資金は以下の点の強化に充当されます。
・自動野菜収穫ロボットの製造・対応作物の拡大
・高度なエンジニア人材の採用
・市場開拓やアライアンス強化を目的としたマーケティング施策

inaho株式会社 代表取締役 菱木 豊氏のコメント

今回のニュースにつきまして、inaho株式会社 代表取締役 菱木 豊氏よりコメントが届きました!

菱木 豊
鎌倉生まれ、鎌倉育ちの鎌倉っ子。
不動産投資コンサルタント会社に入社し、4年後に独立。2014年に株式会社omoroを大山らと設立し、不動産系Webサービスを開発運営後に売却。AI導入のコンサルティングや、InstagramのマーケティングWebサービスを開発運営。地域活動のカマコンの運営。最新テクノロジーに関するTheWave塾の事務局等、幅広い分野で活動
ーこの事業を始めた経緯について教えてください。

菱木:AIに関する勉強会の事務局に携わる機会があって、近い将来、AIを活用してビジネスをしたいと考えていました。勉強会の中でアメリカの企業が開発しているレタスを自動で間引くロボットの動画を見て、その翌日に鎌倉野菜の農家である友人に会う機会がありました。そこで、その動画の話をしたところ、「畑の雑草を抜く機械を作って欲しい」という反応が返ってきました。実際に、畑に行って雑草を抜く作業を体験したところ、腰をはじめとする身体への負担がとても大きいことを実感しました。その後、全国の農家さんに「雑草を抜くロボット」のニーズがあるか話を聞いていくと、九州のアスパラガス農家さんから収穫作業にかなり時間がかかっていることを聞き、アスパラガスの収穫ロボットを開発することを決めました。

ー今回の資金調達について、どのような反響がありましたか?

菱木:既にいくつかのメディア様にご紹介いただき、記事を見た方からお問い合わせを頂いています。
お問い合わせいただく方は、投資先となるベンチャーキャピタルや協業の可能性がある企業など、業種は多種に渡ります。注目していただけるということは、それだけ収穫作業の自動化にニーズがあるということ。ロボットを望む農家さんに早くお届けできるように開発や事業を進めていきます。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

菱木:現在の対応作物はアスパラガスのみですが、キュウリやトマト、ナス、イチゴなど、人の目で見て収穫適期かどうかを判断しなければならない選択収穫野菜に広く対応していきます。また、ロボットの生産台数は今年中に数十台、2020年に数百台、2022年には約1万台を目標とし、新たに拠点も開設していきます。農家の高齢化や人手不足は日本に限った課題ではありません。世界の国々でも同様の課題が起きており、私たちはこの世界的な課題に挑戦すべく、今後グローバル展開を目指します。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ inaho SaaS ロボット 株式会社 自動収穫 資金調達 農業

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
製造業向けインターネット・サービス提供の「アペルザ」が12億円調達
2019年7月31日、株式会社アペルザは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メーカー横断で製品情報を検索できる製造業向けカタログ・ポー…
(2019/8/6)
クラッソーネが施主と解体⼯事会社のマッチング・一括見積りサービス「くらそうね」β版を提供開始
解体工事・外構工事の3社一括見積もりサービスを運営する株式会社クラッソーネが、新サービス「くらそうね」β版を8月1日より愛知県限定で提供開始しました。 「く…
(2019/8/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)