注目のスタートアップ

防犯・見守りAIカメラ「JUSTY」提供の「JUSTICEYE」が8億円調達

company

2022年4月14日、株式会社JUSTICEYEは、総額約8億円の資金調達を実施したことを発表しました。

JUSTICEYEは、防犯・見守りAIカメラ「JUSTY」を提供しています。

「JUSTY」は人感センサーやモーションセンサーを搭載した高性能・超小型の防犯カメラです。撮影した映像はスマートフォンの専用アプリから、いつでもどこでも確認することが可能です。

マイク・スピーカーを内蔵しているため、スマートフォンのアプリから双方向の通話を行うことができます。これにより被介護者や、留守番する子どもなどを見守ることができます。

防犯カメラ自体は無料で提供し、さらに導入費無料・1台あたり月額550円~という安価を実現することで、日本における防犯カメラの普及を目指しています。

2022年秋ごろにはアプリケーションのアップデートを行い、必要箇所以外をAIによってモザイク処理をするプライバシー保護機能を追加する予定です。

今回の資金は、「JUSTY」のプロダクト開発、アプリケーションなどのソフトウェア開発、マーケティング、人材採用の強化に充当されます。

ひったくり、路上強盗、車上荒らしなどの犯罪は年々減少傾向にあります。その理由としては急速に設置が進む防犯カメラの効果が大きいと推測されています。

実際に、警察庁は2019年に検挙した刑法犯19万1,191件のうち、防犯カメラなどが容疑者特定の主なきっかけになったのは10.2%であったことを発表しています。

防犯カメラにはドライブレコーダーなども含まれていますが、防犯カメラやドライブレコーダーの普及が進んだのは、これらデバイスの低廉化が大きな要因であると考えられます。

また、防犯カメラはインターネットに(常時)接続されるIoTカメラのものも多くなってきています。スマートフォンからいつでも手軽にカメラの映像を確認できるため、防犯以外の用途でも活用されています。

たとえば、被介護者・留守番をする子ども・ペットの見守り機能としての活用がそのひとつです。部屋に取りつけたカメラや、カメラを搭載したコミュニケーションロボットにより、出先から遠く離れた部屋とそこにいる人の状況を確認することができます。

また、AIによって行動を分析しなんらかのトラブルがあった場合に通知をするといった機能などにより活用の幅はいくらでも広げられるため、IoTカメラは業務効率化などにおいても大きく注目されています。

JUSTICEYEの提供する防犯・見守りカメラ「JUSTY」は、安価であること、マイク・スピーカーを搭載していることを大きな特徴としています。子どもにはスマートフォンなどのコミュニケーションツールを持たせていないこともありますが、「JUSTY」を導入することで一方向の見守りだけでなく、双方向のコミュニケーションを安価に実現することができます。

今後のプライバシー機能の実装により、自宅介護においてホームヘルパーなど家族以外の者が安心して活用できるようになると考えられます。

デジタル時代において企業の利益を最大化させるためには、IoTなどのテクノロジーを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI IoT JUSTICEYE カメラ コミュニケーション セキュリティ プライバシー 介護 子ども 映像 株式会社 監視カメラ 見守り 資金調達 通話 防犯 防犯カメラ
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ネットでサービスを売れる個人ブランド支援サービス運営の「MOSH」が8億円調達
2022年4月20日、MOSH株式会社は、総額8億円の資金調達を実施しました。 MOSHは、ネットでサービスを売れる個人ブランド支援サービス「MOSH」を運営しています。 個人の持つ技術や情報をオンラ…
「J-CAM」が暗号資産貸借サービス「BitLending」先行版をリリース
2022年2月10日、株式会社J-CAMは、「BitLending」先行版をリリースし、利用ユーザーの募集を開始したことを発表しました。 「BitLending」は、暗号資産を貸出した顧客が既定の料率…
株式会社アクティブ・コーチング・システム 沖本能道|応対業務支援AI人工知能の事業展開が注目の企業
コールセンターにおける応対業務支援AI人工知能の事業展開で注目なのが、沖本能道さんが2018年8月に創業した株式会社アクティブ・コーチング・システムです。 eコマースやオンラインでの事業展開が日常的に…
アパレル生産管理SaaS提供の「DeepValley」が請求書買取の「OLTA」と業務提携
2019年12月6日、株式会社DeepValleyは、OLTA株式会社と、業務提携契約を締結したことを発表しました。 DeepValleyは、アパレル生産管理SaaS「AYATORI」を運営しています…
「バカン」のアルタイム空き情報配信サービス「VACAN」が「群馬県館林市」に導入 災害時避難所の混雑を可視化
2020年12月17日、株式会社バカンと、群馬県館林市は、2020年12月16日、災害発生時における避難所の混雑情報配信に関する協定を締結したことを発表しました。 バカンは、施設や店舗のリアルタイムの…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ