福岡のVC「GxPartners」が初の投資を3社に実行

tips

GxPartners有限責任事業組合は、株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズと共同で運営するファンド「九州オープンイノベーション1号ファンド」より投資を実行したことを発表しました。

投資したスタートアップは以下の3社です。

・anect株式会社
アプリ・プラットフォーム「Appabrik」を運営しています。

・株式会社HAB&Co.
手軽に採用サイトが作れるサービス「SHIRAHA-シラハ-」を運営しています。

・株式会社プリンシプル
従来の10分の1程度の価格で簡単に賃貸住宅を、ホームセキュリティ対応物件にすることで、入居率や利回りを向上させる「スマートルームセキュリティ」を運営しています。

<創業手帳の創業者・大久保幸世の視点>

福岡の起業-大企業の資金の循環に期待

福岡のスタートアップの拠点であるStartupGoGo(スタートアップゴーゴー)も手がけている岸原稔泰氏。
今後、投資も手がけていく。福岡はスタートアップが他の都市に比べ盛り上がっており、また開放的で面白い会社が多い。

福岡は、数十回出張で行っているが、そのたびに感じるのが、九州の中心としての位置、若者・女性の多さ、飛行機のアクセスの良さ、食べ物を含めた生活環境の良さ、そして行政のPRが巧みさだ。

一方で資本調達や上場で東京に行ってしまう会社も多い。東京で上場しているITスタートアップで意外に福岡発祥という会社は結構ある。
今回は、おカネの出し手(LP)を見ると地元の大企業になっている。スタートアップに出資などで地元の起業家育成におカネが使われ循環していく仕組みが機能してくると、より福岡の魅力度は増すだろう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。

解説者紹介

大久保幸世 創業手帳 株式会社 代表取締役

大手ITベンチャー役員で、多くの起業家を見た中で「創業後に困ることが共通している」ことに気づき会社のガイドブック「創業手帳」を考案。現:創業手帳を創業。ユニークなビジネスモデルを成功させた。印刷版は累計150万部、月間のWEB訪問数は起業分野では日本一の100万人を超え、“起業コンシェルジェ“創業手帳アプリの開発や起業無料相談や、内閣府会社設立ワンストップ検討会の常任委員や大学での授業も行っている。毎日創業Tシャツの人としても話題に。

創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら
カテゴリ トレンド
関連タグ VC イノベーション スタートアップ ファンド 九州 投資 福岡

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

譲渡型賃貸住宅「家賃が実る家」提供の「Minoru」が資金調達
2021年4月9日、株式会社Minoruは、資金調達を実施したことを発表しました。 家賃を払い続けることで最終的にはマイホームとなる、新しい住宅取得の仕組み「家賃が実る家」を提供しています。 新築戸建…
未上場株管理ツール提供の「ケップル」が「日本経済新聞社」と資本業務提携
2018年12月4日、株式会社ケップルは、株式会社日本経済新聞社と資本業務提携したことを発表しました。 ケップルは、スタートアップを中心とした未上場企業を対象とする投資家の実務をサポートし、コミュニケ…
インド工科大学と日本スタートアップをつなぐ「Tech Japan」が始動
2019年10月4日、株式会社SUKILLSは、「Tech Japan」を2019年10月7日(月)から公開することを発表しました。 「Tech Japan」は、テクノロジー分野における日印連携を促進…
PropTech(不動産テック)特化ピッチ・カンファレンス「PropTech Startup Conference」が9/20に開催
2019年8月23日、株式会社デジタルベースキャピタルは、「PropTech Startup Conference 2019」を2019年9月20日(金)に開催することを発表しました。 「PropTe…
創業手帳代表が日経をさくっと解説 医療領域でスタートアップに追い風
2019年1月7日の日経新聞に、以下のニュースが取り上げられました。 1面 ・再生医療商用段階に ・ROE(自己資本利益率)10%割れ 7面 ・AI関連大企業が出資 ・顧客の声をAIで解析。コールセン…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ