eスポーツ・プレイヤー向けWebサービス開発の「Crosshare」が資金調達

2019年3月19日、Crosshare株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

eスポーツ・プレイヤーが、より円滑に仲間を探すことができるWebサービスでWebサービス「e-mode」を開発しています。
正式リリースは2019年4月頃を予定しています。

Crosshare株式会社 代表取締役 荒木 稜介氏のコメント

今回のニュースについて、Crosshare株式会社 代表取締役の荒木 稜介氏からコメントが届きました!

荒木 稜介(あらき りょうすけ)
1999年生まれ。Crosshare株式会社代表取締役、現在慶應義塾大学SFC在学中。6年間米国シアトルに滞在後、東京の高校に編入。高校3年時、eスポーツ事業の立ち上げにインターンとして株式会社DeNAに参画。約半年後に退職後、大学の同級生とCrosshare株式会社を共同創業、代表就任。複数回のピボットの末、現在はe-modeというeスポーツプレイヤーのための対戦プラットフォームサービスを運営。
ー起業の経緯について教えてください。

荒木:私は、小学4年生から6年間アメリカで過ごしました。その際に、友達の家に集まってプロゲーマーの世界大会を観戦したり、興味本位でスマホアプリを作ったりしていた経験が、帰国後、「スタートアップとして日本のeスポーツ産業を活性化させたい」という思いに発展しました。

ー今回の資金調達の目的はなんでしょうか?

荒木:主に開発・運営体制を強化し、2019年4月中旬に正式リリースを予定しているWebサービス「e-mode」の開発を進めるほか、後続サービスの設計開発を行う予定です。
「e-mode」は、ゲームプレイヤーがより円滑に仲間探しを行えるようになるWebサービスです。プロ選手/上位ランカーや有名ストリーマーだけでなく、人口の多くを占めるライトゲーマーが気軽に使えるサービスを目指しています。

ー今回の資金調達について、反響はありましたか?

荒木:スタートアップの業界では特別強い反響があったとは感じておりません。その代わり、今eスポーツに注目している多種多様な社会人の方からご連絡を頂くようになりました。
スタートアップによる資金調達という大枠の中では目新しさがないものの、eスポーツという注目産業に参入している数少ないスタートアップ企業としては注目いただいているという印象です。

ー今後の展開について、教えてください。

荒木:そもそも私たちCrosshareは、ゲームの与えるうる社会的インパクトそのものに注目しています。その意味で、私たちはeスポーツはゲームのエンタテイメントとして表現の幅を広げてくれるものであると考えています。
e-modeを通じて見知らぬ誰かとゲーム対戦/協力をする文化を醸成し、その環境から優れた選手が出てきたときにその人がしっかりと生活していけるような社会的地盤を整えることを目指しています。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ゲーム

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集