注目のスタートアップ

コロナ時代の安心安全な次世代スポーツ施設を開発する「エアデジタル」が4,000万円調達

company

2022年3月2日、エアデジタル株式会社は、総額約4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

センサー、AR、プロジェクションマッピング技術を活用した、各種スポーツの体験型シミュレーションマシン(デジタルスポーツマシン)の開発・提供と、これらマシンを利用した次世代スポーツ施設の開発を行っています。

2022年3月現在、野球、サッカー、アーチェリー、テニス、バドミントン、、クレー射撃、ボウリング、サイクリング、スキーなど多種多様な種目のデジタルスポーツマシンを提供しています。

また、各種アミューズメント施設に、体験型スポーツ・アクティビティ「レジェンドスポーツヒーローズ」を提供しています。

2022年4月末に、体験型スポーツフィールド「スポーツ60&スマート」を、埼玉県久喜市のショッピングモール「アリオ鷲宮」にオープンする予定です。

今回の資金は、マーケティング活動の開始、組織体制の強化、スポーツ体験施設の開発の推進に充当されます。

これまでもゲームセンターなどのアミューズメント施設にはスポーツを題材としたゲームコンテンツが設置されていましたが、センサー技術などが未発達かつ高価であったため充実した内容のゲームを提供することが難しく、いわゆるチープなものが多かったという印象があります。

しかし、近年のテクノロジーの急速な発達はこうしたアミューズメント領域にも大きな影響を与えており、大型商業施設などではクオリティの高い体験型のゲーム/アクティビティの提供が目立ってきました。

スクリーンなどを使った体験型コンテンツは、省スペースでありながら奥行きのある体験を提供することができるため屋内施設に最適です。

多くのスポーツは土地を必要とするため、事業者としては手掛けるのが難しく、価格も高くなってしまうことが難点でしたが、体験型コンテンツはこういった課題も解決するため、今後コンテンツのクオリティが上がっていくにつれて利用者も増加し、様々な施設に導入されていくようになると考えられます。

エアデジタル株式会社のコメント

このニュースを受けまして、エアデジタル株式会社 代表取締役 前田相伯氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

弊社が扱うシミュレーションシステムを使ったデジタルスポーツマシンは、日本においてはかなりニッチ状況です。
導入がかなり面倒というか、ものが大きく扱いがとても面倒なため誰でも扱えるものでもないです。
ただし、シミュレーションゴルフと同じく、使ってみたらかなり良い出来栄えのモノでして、普及に向けて、手に取って触れられる旗艦店を作れないかといった理由で調達を行いました。

・今後の展望を教えてください。

導入コストを抑えられれば、店舗事業としての採算が取れるものと見込んでいます。
現状、ショッピングモールの空きテナントが多い状況は、当社にとっては追い風と感じているため、低コスト出店に多店舗化を進めていけたらと思っております。

・読者へのメッセージをお願いします。

来月末に、埼玉県久喜市のショッピングモール「アリオ鷲宮」に200坪程度の旗艦店がオープンするので、ぜひ遊びにお越しいただけると幸いです。

新たなプロダクトの開発には資金調達が重要です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に役立つ情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ウェルネス エアデジタル ゲーム シミュレーション スポーツ フィットネス 施設 株式会社 次世代 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

医療相談アプリ「LEBER」運営の「AGREE」が4.3億円調達
2020年2月5日、株式会社AGREEは、総額4億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」を運営しています。 医師による、症状に合った、“近隣の…
独自の免疫測定技術を活用した免疫センサー・デバイス開発の「イムノセンス」が1.3億円調達
2021年4月5日、株式会社イムノセンスは、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 大阪大学産業科学研究所・民谷特任教授が開発したGLEIA法という免疫反応と電気化学反応を組み…
ワークサンプルテスト型新卒採用アセスメントツール「Job-T」提供の「キャリアエッセンス」が3,000万円調達
2021年6月22日、株式会社キャリアエッセンスは、3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 新卒学生の実務スキルを定量評価を可能とするワークサンプルテスト型アセスメントツール「Job-…
「Facebook」が東北地方5市と事業連携協定を締結
2019年7月31日、Facebook Japan株式会社は、岩手県盛岡市、秋田県横手市、湯沢市、大仙市、仙北市と「地域経済・地域コミュニティ活性化に関する事業連携協定」を締結したことを発表しました。…
家庭向け血糖測定センサー/機器開発の「Provigate」が9.1億円調達
2021年9月27日、株式会社Provigateは、総額9億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 誰にでも使うことができる家庭向け血糖測定センサーと機器の開発と、糖尿病予備群・糖尿病…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ