注目のスタートアップ

名刺管理サービスの「Sansan」が30億円調達

company

Sansan株式会社は、総額約30億円の資金調達を実施したことを発表しました。

法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」や、個人向け名刺アプリ「Eight」を開発・提供しています。

今回の資金は、名刺を起点とした、イノベーションを生み出す事業の展開の加速に充当されます。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ クラウドサービス 名刺 名刺管理
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

動画生成ツール「RICHKA」5,000万円の資金調達を実施
平成30年9月5日、動画生成ツール「RICHKA(リチカ)」を運営するカクテルメイク株式会社は、NOW株式会社や佐藤裕介氏をはじめ個人投資家を引受先とする第三者割当増資を実施。5,000万円の資金調達…
「TBM」が温室効果ガス排出量を可視化するクラウドサービス「ScopeX」を正式リリース
2022年8月30日、株式会社TBMは、「ScopeX(スコープエックス)」の正式版の提供を開始したことを発表しました。 「ScopeX」は、CO2を含む温室効果ガス(GHG)排出量を可視化するクラウ…
契約書レビュー支援サービス開発の「LegalForce」が5億円調達!
2018年11月30日、株式会社LegalForceは、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 自然言語処理を用いたクラウド型契約書レビュー支援サービス「LegalForce」を開発して…
フルカイテン株式会社 瀬川直寛|在庫を利益に変えるクラウドの事業展開で注目の企業
在庫を利益に変えるクラウドサービス(SaaS)の事業展開で注目なのが、瀬川直寛さんが2012年に創業したフルカイテン株式会社です。 小売り業を営む方々にとって、商品の仕入れ、適正な販売戦略と在庫管理、…
クラウド型マニュアル作成ツール開発の「スタディスト」が8.25億円調達
2019年4月22日、株式会社スタディストは、総額8億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 クラウド型のマニュアル作成ツール「Teachme Biz」を開発・提供しています。 また、…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ