スターバックスコーヒーが「Uber Eats」を導入 顧客体験の価値向上へ

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社は、顧客体験の価値向上のための戦略的な取組みについて発表しました。

2018年11月9日から「Uber Eats」を導入し、デリバリー・サービスを開始します。

まずは、新宿2店舗、六本木1店舗においてトライアルを開始し、2年間で拡大を目指す計画です。

また、LINE株式会社と2019年上半期に包括的な戦略的提携を進めることを発表しました。

スターバックス店舗と、モバイルテクノロジーを融合することで、モバイル決済などのイノベーションに取り組む予定です。

他には、アメリカを含む数か国で導入している「モバイル・オーダー・アンド・ペイ」のテスト導入を開始することも発表しました。

顧客は、モバイルデバイスから注文した後、列で待つことなく、注文した商品をお店で受け取ることが出来るようになりま

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Fintech モバイル決済 飲食店

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ