「未来の子供達のために新しい世界を創る。」ママ職代表 山﨑 恵さんが提案する、ママの新しい働き方(インタビュー後編)

創業手帳

ママ職を社会インフラに

(2018/02/23更新)

前編では、ママ職が生まれたきっかけや、起業時のエピソードについて語っていただいた、株式会社Capybara 代表取締役の山﨑 恵さん。
後編では、ママ職を運営する際に意識しているポイントや、事業を行う上での信念について、お話を伺いました。

前編はこちら→「育児と仕事を両立したい!」ママの願いを叶えるお仕事紹介サービス「ママ職」代表 山﨑 恵さんインタビュー(前編)

本文を読む

山﨑 恵(やまざき・けい)
2003年 自分で事業をやるため上智大学経済学部を中退。
2003年から5年間サプリメント等の営業販売を代理店として行い、年間30万ドルを売り上げ300人の組織をつくる。
2008年 研修・コーチングの会社、株式会社メキキよりプロジェクトリーダーとして引き抜かれ、2年間人の人生に違いを創る研修に没頭し、出産を機に退職。
2010年 第1子、女の子を出産。
2012年 第2子、男の子を出産。
2013年 ママが子供のライフスタイルに合わせて働ける世の中を創るべく、株式会社Capybaraを設立。現在に至る。

ママ職は現代版「内助の功」

ー起業した際に、人材はどのように集めましたか?

山﨑:現在スタッフは6人いまして、登録しているママの中からピックアップして採用しています。

もちろん、子育てなどで忙しいので、無理のない範囲で勤務していただいています。例えば、午前中だけ・週3、4回の出勤、とかですね。
その人が希望する働き方で働いてもらっています。

ー登録しているママたちや取引先との信頼関係を築いていくために、意識していることはなんでしょうか?

山﨑:ママ職というシステム上、働くママたちに注目が集まるんですが、現代版の「内助の功」でありたい、というもう一つの想いも込めています。

経営者は孤独です。しかも、ママ職にご依頼いただくクライアントの8割は一人でお仕事をしていて、最も大変な時期である起業家が多いです。
スタッフがいる方でも、最終責任者は経営者なので、その精神的負担は計り知れません。

少しでも、そんな経営者の活躍を支える存在であること。それがママ職の役目だと思っています。

もちろん、登録しているママたちはそんなつもりは無く、子どもと一緒にいながら働けるママ職のコンセプトのもと、ママ職をスタートした方が多いかと思います。

ですが、せっかく働くのであれば、クライアントの右腕になるまで突き詰めていただきたいです。仕事ぶりはもちろんのこと、かける言葉、在り方でもクライアントを支えてくれたら、と思っています。クライアントと関わる際に意識しているのは、この点です。

ママたちに関して言うと、登録しているママとのやりとりは、現役のママがやることにしています。

ママの気持ちは、ママが一番よくわかります。「こういう仕事を探している」、「こういう悩みを持っている」、といったママ特有の悩みは、子育てがひと段落した私よりも、現役のママの方が気持ちを汲めると思うんです。

世界を変えるためなら、常識なんてクソ喰らえ

ー事業を行っていく上で、大切にしている信念はありますか?

山﨑:私の中で一貫してあるのが、「未来の子供達のために新しい時代をつくる」という信念です。ママたちのためにやっているようにも見えますが、ママたちと一緒にいたい子供達のためにも事業をやっています。

あとは、「世界を変えるためなら、常識なんてクソ喰らえ」って思っています(笑)。
ママ職という事業を思いついたのも、ある意味この考えがあったから生まれたのかな、と思います。

ー確かに、新しいものってその時に見ると常識から外れていることが多いですよね。

山﨑:そうですね。

仕事をしていると、いろんな人から「こうするべき」という話を頂くときがあります。ですが、起業するときって新しい分野を開拓することがあります。そういう時に「〜するべき」という常識に囚われすぎると、良いものは絶対にできないと思いますね。

なので、新しいものを作っていくためなら「クソ喰らえ」で良いと思います(笑)。

ー今後の夢はありますか?

山﨑:例えば、女子会をやっていて、その中の一人が「私、子供ができました!」って話していたとします。
その時に、「おめでとう!」という言葉の中に「それじゃあ、ママ職に登録しないとね!」っていう言葉が出るくらい、ママたちに根付いたものになりたいと思っています。

できれば、その女子会がやっている隣の席に座って、「それ、私が代表をやっているサービス!」って思いながらお酒を飲みたいですね(笑)。

もう一つ、具体的なところとしては、働き方のコンサルティングをできるんじゃないかな?って思っています。

仕事っていくつもの行程に分かれています。例えば、ホームページを作る場合は「記事を書く」、「内容をチェックしてもらう」、「公開する」といった行程に分かれていますよね。その行程の中で、外部にアウトソーシングできそうなものがあったら、任せた方が効率的です。

つまり、仕事を切り分けることで、効率化できる部分が見えてくる、ということです。

アウトソーシングされた仕事を受ける「ママ職」を運営しているからこそ、私はそのノウハウを培えていると思います。これをコンサルティングや講座などで、経営者の皆さんにお教えすることができたらと思います。

もうだめだと思ったら、十数えてから手を離せ

ー最後に、これから起業を目指している女性の方に向けて、メッセージをお願いします。

山﨑:こういうと語弊があるかもしれませんが、「女性は男性に負けないようにしよう!」という考え方は、あまりオススメしません。

女性が得意なところは女性がやればいいし、男性が得意なところがあれば、任せてもいいと思います。
男女に限らず、一緒に仕事をする仲間、協業する企業同士でもそうです。

もちろん、男性経営者が多い中で、女性経営者は大変な場面があると思います。そういう時、私は顔で笑って心の中で「今に見てろよ!」って思っています(笑)。

つまりは、どちらかの考え方に偏りすぎてはいけない、ということです。
その点をうまく見極めていくことができたら良いですね。

あと、私の好きな言葉で、「もうだめだと思ったら、十数えてから手を離せ」という言葉があります。著作家である中谷彰宏さんの言葉です。

「もうだめだ」と思った時に手を離すと、成長はそこでストップしてしまいます。なので、そういう時には、今の物事を整理して考えを巡らせてみると、見えなかったものが見えてくることがあります。

起業を目指している時、起業した時に「もうだめだ」と思う時が来たら、昔お風呂でやったみたいに十数えてみると、その間に成長できている自分がいると思いますよ。

(取材協力:株式会社Capybara/山﨑 恵
(編集:創業手帳編集部)

この記事に関連するタグ

創業時に役立つサービス特集

リアルタイムPVランキングトップ3

カテゴリーから記事を探す