「イレギュラー系」支出のキャッシュフローを管理する

資金調達手帳

意外な時期に発生する「イレギュラー系」支出のキャッシュフローを上手に管理して資金ショートを防ぐためのポイントとは?

「イレギュラー系」の支出を管理する
(※2014/7/31に内容をアップデートしました)

キャッシュは会社の血液である。人間の身体が血液の循環無しに生きていけないのと同様に、会社はキャッシュが回らなければ生きていくことができない。

本文を読む

利益がどれだけあろうと、キャッシュが途切れてしまうと「黒字倒産」になるし、逆にどれだけ赤字になっても、キャッシュさえ途切れなければ会社は潰れないのだ。

事業継続のためには、営業で売上を獲得したりコストを減らすのはもちろん重要だが、創業期の会社経営ではキャッシュを恒常的に獲得し、キャッシュ切れをさせないように管理することに最も意識を向けるべきである。

そのために、キャッシュフローを管理する上での基本的な注意点を挙げた後で、一番の重要なポイントであるイレギュラー系のキャッシュ・アウトを管理する方法を紹介しよう。
 

1.キャッシュ・インのキャッシュフロー管理のポイント

1.1.キャッシュ・インを恒常的に生み出すようなモデルをつくる

キャッシュを獲得する方法は大きく分けて「自分で用意する」か「人に用意してもらう」かの2つだ。前者は営業努力で売上を獲得することで、後者は金融機関等から借入を行ったり資本を入れてもらう方法である。

しかし、起業して間もない創業期のスタートアップベンチャーに対して、融通を利かせてくれる金融機関はさほど多くない(※)。よって、起業家はいち早く売上を伸ばすことによって余裕のあるキャッシュフローを恒常的に生み出すモデルを確立しないといけない。

※一般的には起業して間もないスタートアップが融資を受ける場合は、日本政策金融公庫や自治体の制度融資などを頼るしかない

【関連記事】> 日本政策金融公庫の創業時に利用できる3つの融資制度
【関連記事】> 創業4ヶ月の会社が1000万の公庫融資を受けられた理由とは?
【関連記事】> 負債なのに負債じゃない?資本性劣後ローンとは

1.2.掛取引でキャッシュ・インが遅くなる

ここで注意しなければいけないのが、「売上=キャッシュイン」とはならない場合が多いということだ。確かに、現金売上の場合は「売上=キャッシュイン」となるが、掛取引を行う場合には、通常はキャッシュを回収できる時期が後ろにずれ込む

起業直後はキャッシュに余裕などない場合が多いだろう。回収できていない間に大きな出費を強いられたら…。

これを回避するためにも「売上の入金サイトを短くすること」が重要だ。入金サイト(※)は短ければ短いほど良い。創業期のスタートアップベンチャーでも、最長でも30日サイト(月末締め翌月末払い)を目指したいところだ。
 

※入金サイト:取引代金の締め日から入金日までの期間のこと

 

この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

資金調達手帳

創業時に役立つツール特集

カテゴリーから記事を探す