ホームページ作成ツール「Goope」の基本機能とメリット・デメリットを解説!

広報手帳

GMOペパボ社が運営する「Goope(グーペ)」の基本機能や、メリットデメリットをご紹介します

Goope(グーペ)
自社のホームページやECサイトを開設したいけれど、専門のWebスキルがなく、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで、スキルがなくてもホームページを簡単に作成できるのが「Goope(グーペ)」です。

今回の記事では、GMOペパボ株式会社が運営するホームページ作成ツールの「Goope(グーペ)」をご紹介します。気になる基本機能や、メリット・デメリットをまとめました。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

GMOペパボ株式会社が運営する「Goope(グーペ)」とは?

「Goope(グーペ)」とは、GMOペパボ株式会社が運営するホームページ作成ツールです。一般的なホームページの作成と異なり、専門的な知識やスキルが不要であるほか、サーバーを用意する必要がありません。また、便利な機能も多く搭載しており、初めてホームページを作成する方や、簡易的にホームページを用意しておきたいといった方におすすめのサービスです。

Goope(グーペ)の基本機能

Goope(グーペ)が気になる方は、基本機能からチェックしてみてください。数多くのテンプレートが用意されているため、専門的なスキルがなくても安心です。初心者でも使いやすい機能を揃えており、企業のホームページやECサイト、予約サイトとしても活用できます。

多彩なデザインのテンプレートを用意

Goope(グーペ)には、多彩なデザインのテンプレートが用意されています。飲食・美容・スクールといった幅広い業種向けのデザインがラインナップしているため、自社の雰囲気に合わせて選べるのがポイントです。また、カラー・フォントの変更などの変更も可能で、本格的なホームページを簡単に作成できます。

初心者でも使いやすい機能を搭載

初心者でも安心してホームページを作成できるように、便利な機能を搭載しています。たとえば、ネットショッピング向けにホームページを開設したい方向けに、「ショッピングカート」、「クーポン」、「予約」といったECサイトに必須のメニューを用意。

そのほかにも、ホームページ集客増加のために「かんたんSEO設定」や、「アクセス解析」も標準装備しているため、一般的なホームページと同じように活用できます。

Goope(グーペ)を利用するメリット

次に、Goope(グーペ)を利用するメリットをご紹介します。あらかじめ、デザインテンプレートや、レンタルサーバーが完備されているため、短時間でホームページを作成できます。外部サービスとの連携にも対応しており、集客効果を高めやすいのも便利なポイントです。

ホームページの作成時間を削減できる

Goope(グーペ)のメリットは、ホームページの作成時間を削減できる点です。多くのテンプレートが用意されているため、自分でデザイン作業を行う必要がありません。また、本サービスを通して、独自ドメインを設定できるほか、レンタルサーバーが完備されており、ホームページ作成前に必要な準備の手間を省けます。

ホームページへの集客効果を高めやすい

外部サービスとの連携に対応しているのも、Goope(グーペ)の嬉しいポイントです。Twitter・Facebook・Instagram・LINEといったSNSの投稿やいいね!ボタンを設置できるため、効率的に集客効果を高められます。Googleのキーワード検索からの流入を狙う「SEO対策」にも対応しており、さまざまな媒体からユーザーの獲得を狙えます。

契約前に15日間無料で試せる

Goope(グーペ)を本格的に利用する前に、「15日間」の無料お試し期間を活用できます。「どのような機能があるのか」、「自社のホームページとして活用できるか」など気になる点が多い方も、サービス内容を一通り確認しておけます。

無料お試し期間は、ドメイン取得・有料SSLオプション・二要素認証・有料テンプレートの購入に制限がありますが、安心してGoopeを利用するためにも、無料期間を試してみましょう。

創業手帳編集部が実際にGoope(グーペ)を使ってHPを作成してみました!
月額1000円~⁉「グーペ」でホームページを自作してみた!

Goope(グーペ)を利用するデメリット


一方で、Goope(グーペ)を利用するデメリットも存在します。テンプレートは用意されているものの、自由度の高いカスタマイズをしにくいのが難点です。また、高額プラン以外は電話サポートに対応していないため、不具合が発生した際に、素早く回答を得られません。

カスタマイズ性能が低い

誰でも簡単にホームページを作成できるGoope(グーペ)ですが、カスタマイズしにくい点に気を付けましょう。文字の大きさやフォントの変更は管理画面から行えますが、位置の修正、レイアウトを変えたいといった場合には、HTML・CSSを編集する必要があります。テンプレートのデザインをもとにカスタマイズをしたいという方は、物足りなさを感じるかもしれません。

高額プラン以外では電話サポートを受けられない

Goope(グーペ)を利用しているなかで、トラブルが発生したり、不明点が出たりした場合に、電話サポートを受けられない可能性があります。3つプランが用意されていますが、電話サポートに対応しているのは、月額費用が最も高い「スタンダードプラン」のみです。すべてのプランで、メールサポートを利用できますが、すぐにサポートを受けたいときに時間がかかってしまうのが難点です。

Goope(グーペ)の料金

最後に、Goope(グーペ)の料金をチェックします。「エコノミー」、「ライトプラン」、「スタンダード」の3つのプランを用意しており、価格と機能が異なります。それぞれのプランを比較しながら、自社に最適なプランを選びましょう。

エコノミー

ライト

スタンダード

月額料金(税抜)

1,000円

1,500円

3,500円

ディスク容量

1GB

5GB

50GB

メールアドレス作成

10個

10個

100個

イベント予約機能

メルマガ機能

×

アクセス解析

×

有料テンプレート

使い放題

×

×

×

電話サポート

×

×

まとめ

GMOペパボ社のGoope(グーペ)は、プログラミングやデザインスキルがなくても、簡単にホームページを作成できるツールです。ホームページへの集客を高められる機能も備えており、固定ユーザーを増やすのにも便利です。自社の必要性に応じて、3つのプランからじっくりと選んでみてください。

創業手帳冊子版では、事業に便利なツールや役立つ情報をご紹介しています。無料で配布しておりますので、ぜひご活用ください。

関連記事
月3万円から始める動画広告入門!スタートアップ企業に動画広告が最適である理由
売上げアップに役立つ!広告の種類と使い分けの基礎知識

創業手帳
この記事に関連するタグ
創業時に役立つサービス特集
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ