Jimdo(ジンドゥー)を利用するメリットとデメリットとは?基本機能を合わせて解説!

広報手帳

ドイツ発のホームページ作成サービス「Jimdo(ジンドゥー)」の基本機能や、メリット・デメリットをご紹介します

Jimdo(ジンドゥー)
自社のホームページを立ち上げたいけれど、プログラミングスキルがなく、どう作成すればよいか迷われている方も多いのではないでしょうか。そこで、今回ご紹介するのは、専門的なスキルや知識がなくてもホームページを作れる「Jimdo(ジンドゥー)」です。豊富な基本機能や、利用するメリット・デメリットを解説します。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

「Jimdo(ジンドゥー)」とは?


「Jimdo(ジンドゥー)」とは、2007年にドイツ・ハンブルグが誕生したオンラインホームページ作成サービスです。インターネット上で簡単にホームページを立ち上げられるのが特徴で、これまでに2500万を超えるサイトが作られています。日本国内では、KDDIウェブコミュニケーションズが協業パートナーとなっており、日本語による解説もあるため、安心して使用できます。

Jimdo(ジンドゥー)の基本機能


Jimdo(ジンドゥー)の導入を検討している方は、基本機能からチェックしてみてください。40種類のテンプレートから気に入ったデザインを選ぶだけで、簡単にホームページを作成できます。スマートフォンやタブレットの表示も最適化しており、難しい設定を行う必要もありません。

40種類のテンプレートを用意

Jimdoには、40種類ものテンプレートが用意されています。ファッション系のサイトや、美容室・飲食店向けのデザインまで豊富に利用できるため、サービスのジャンルに合わせて選べるのがポイントです。

また、デザインは、いつでも変更できます。Webサイト内に作ったコンテンツが、そのまま新しいデザインに反映し、変更に伴うレイアウトの調整も不要です。

スマートフォン・タブレット向けの表示に対応

パソコンはもちろんのこと、スマートフォンやタブレットでの表示にも最適化されています。モバイル端末からでもレイアウトが崩れることなくWebサイトを開けるため、スマートフォン用に別のページを作成する必要がありません。スマートフォンユーザーへのWebマーケティングが必要とされるなかで、Jimdoはしっかりと対応しています。

もっと詳しく知りたい方はこちらもあわせてお読みください>>>
3ステップで簡単!ホームページ作成サービス「ジンドゥー」

Jimdo(ジンドゥー)を利用するメリット


Jimdo(ジンドゥー)には多くのメリットがあります。Web制作スキルがない方でもホームページを立ち上げられるため、新たにスキルを有する人材を採用する必要がありません。分析ツールも備えており、アクセス数を増加するための施策を行えます。

専門知識・スキルがなくても安心

Jimdoのメリットは、専門的な知識がなくてもホームページを立ち上げられることです。テンプレートをインポートするだけでデザインが構築されるため、HTML・CSSコードを入力する必要がありません。ほかにも、SNSの投稿や、Googleマップ・YouTubeの埋め込みにも対応しており、初心者でも本格的なホームページを作成できます。

アクセス数を増やしやすい

Jimdoは、ホームページのアクセス数を増やしたい方にもおすすめです。独自のアクセス分析ツールや、Googleアナリティクスに対応しているため、「どの媒体から流入してきたか」、「どういったキーワードでホームページにたどり着いたか」といったユーザー分析を行えます。さらに、SEO対策にも最適化されており、Webマーケティング強化したい企業に最適です。

ネットショップの運営を始められる

ホームページの立ち上げと同時に、ネットショッピングも始められます。好みのテンプレートを選ぶだけで開設できるため、プログラミング知識がない方に便利です。また、ネットショップに必要な、支払設定(クレジットカード・銀行振込・代引き)、クーポン機能・在庫管理など可能で、機能性にも優れています。

Jimdo(ジンドゥー)を利用するデメリット


一方で、Jimdo(ジンドゥー)にもデメリットが存在します。電話サポートに対応していないため、急なトラブル発生や疑問点が出た際に、すぐに回答を得られません。また、バックアップ機能が搭載されておらず、誤ってコンテンツを削除すると復元できなくなってしまいます。

電話サポートに対応していない

ホームページの管理画からや、メールでの問い合わせに対応していますが、電話によるサポートは行われていません。なお、サポート対応時間について、「10:00~18:00(月~金)」に限られています。土日・祝日にトラブルが発生した際に、問い合わせの回答をすぐ得られない点に注意が必要です。

バックアップ機能が搭載されていない

Jimdoでは、ユーザー向けにバックアップ機能を搭載していません。つまり、ホームページにアップロードした記事や画像を誤って削除してしまうと、復元できなくなってしまいます。Jimdo側でサーバーを用意していますが、システム障害や不測の事態が発生した場合のみの復元のみで、ユーザーからの依頼による復元不可です。

Jimdo(ジンドゥー)の料金


Jimdoのプランは、AIが自動でホームページを作成してくれる「AIビルダー」と、自分で一から作り上げる「クリエイター」の2つから選べます。

また、無料で利用可能な「FREEプラン」を用意しています。広告が付いてしまう点や、独自ドメインの使用ができないなどのデメリットがありますが、試しにJimdoでホームページを作成したい方にもおすすめです。

ジンドゥー AIビルダーのプランと料金

ジンドゥー AIビルダーは、「PLAY(月額無料)」、「START(月額税込990円)」、「GROW(月額税込1,590円)」の3つです。すべての有料プランに、ドメイン接続・メールアドレスの接続・問い合わせフォーム・SEO最適化・アクセス解析などの機能が含まれています。

PLAY

START

GROW

月額料金(税込)

0円

990円

1,590円

保存容量

2GB

10GB

20GB

SSL対応

ドメイン接続

×

SEO対策

×

ジンドゥー クリエイターのプランと料金

ジンドゥー クリエイターは、「FREE(月額無料)」、「PRO月額税込965円」「BUSINESS(月額税込2,460円)」、「SEO PLUS(月額税込4,110円)」「PLATINUM(月額税込5,190円)」の5つのプランです。FREEプラン以外で、ドメイン接続・問い合わせフォーム・アクセス分析などの共通機能が付いているほか、各プランにおいてデータの保存容量に違いがあります。

FREE

PRO

BUSINESS

SEO PLUS

PLATINUM

月額料金(税込)

0円

965円

2,460円

4,110円

5,190円

保存容量

2GB

5GB

無制限

無制限

無制限

SSL対応

ドメイン接続

×

アクセス分析

×

まとめ

Jimdo(ジンドゥー)は、時間をかけずにホームページを作れるため、IT知識を有する人材が少ないスタートアップ企業や中小企業におすすめです。また、複数のプランが用意されており、目的予算に応じて選択できます。気になった方は、この機会にぜひ申し込んでみてください。

創業手帳冊子版では、これから起業をしたい方や、経営者にとってビジネスを有利に進められる情報を発信しています。無料で配布をしておりますので、ぜひご活用ください。
関連記事
月3万円から始める動画広告入門!スタートアップ企業に動画広告が最適である理由
売上げアップに役立つ!広告の種類と使い分けの基礎知識

創業手帳
この記事に関連するタグ
創業時に役立つサービス特集
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ