注目のスタートアップ

株式会社Skillnote 山川 隆史 | 製造現場の細かなスキルを効率的に管理できるスキルマネジメントシステムで注目の企業


現場の細かなスキルを効率的に管理できるスキルマネジメントシステム「SKILL NOTE」で注目なのが、山川隆史さんが2016年に創業した株式会社Skillnoteです。

企業が継続的に成長していく上で、「人材育成」は欠かせないものです。
特に少子高齢化などで人材の確保が以前より難しくなる中、人材を定着させ、個々の従業員のスキルアップを図り、業務の効率化を推進することはより重要になっています。

特に、製造業をはじめとした現場従業員のスキルや資格などを正確に把握管理することは、適切な人員配置や戦略的な人材育成に繋がります。

製造業界で働く各技術者の専門分野は多岐に渡っており、業務の種類は1万を超えることもありますが、このスキル管理をほとんどの企業がエクセルで管理しています。エクセルは気軽に使うことが出来ますが、従業員ごとに多くのスキルを管理することは負担が重く、上手くエクセルを使いこなせずに形骸化が起きてしまいます。また、分析や集計作業にも時間がかかり、人員配置や人材育成にデータを活用することも難しくなります。

それを解決する方法として生まれたのが、株式会社Skillnoteのクラウド型スキル管理システム「SKILL NOTE」です。

スキルマップをデータベース化しており、全メンバーのスキルマップが1つのシステムで管理ができ、教育管理をすることも可能です。また法令違反が起きないように、スキルの適用期間外は事前にアラートが鳴る仕様になっています。

代表取締役の山川さんは製造業の現場経験があり、海外工場への渡航で「スキル育成」の重要性を感じ、「SKILL NOTE」のシステムを作られたそうです。現場を知り尽くしているからこそ、現場の方が本質的に必要だと思う機能が実装されており、かつ使いやすいシステムとなっています。

株式会社Skillnoteの代表取締役 山川隆史さんに事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

SKILL NOTEは、現場の細かなスキルをもれなく、効率的に管理できるスキルマネジメントシステムです。スキルの見える化から、育成計画の立案、進捗管理、記録、分析まであらゆる機能を搭載し、徹底したスキル管理を実現します。

その結果、品質管理・人材管理の根拠となる人材データを蓄積し、現場や技術を強化します。また、ISO・IATF等の力量管理に対応しており、教育訓練記録などの帳票の作成/承認業務も大幅に効率化します。

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

製造業をはじめとした現場従業員のスキル・教育・資格管理に課題を感じている企業、また人材データを元に戦略的な人材育成/人材配置を実現したい企業に使っていただきたいです。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

人材育成は、企業側からの「一方通行」では成り立ちません。働く従業員の方一人ひとりにとって大事なのは、適切なキャリアプランを描いて夢や目標を持ち、高いモチベーションの元で力を発揮できることです。

従業員の育成に携わる管理職・マネジメント層の方にとっては、企業としての戦略や育成方針にもとづいた計画が遂行しやすく、その成果が可視化されることで、貢献度がしっかり評価に結びつくことが重要です。

私たちは「SKILL NOTE」を通じて、そうした「働く人の幸せ」を実現していきたいと考えています。それによって自ずと企業の人材力が高まり、ひいては企業の経営力強化につながっていくと考えています。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

初期プロダクトを開発していた頃、お客様のフィードバックを元に数えきれないほどの改良を繰り返し、それでも売れず、毎月赤字が続いていた時期がありました。

その時に、あるお客様から「今のままじゃ使えない」と厳しい意見を頂いたことがありました。その一言から、本来目指すべきなのはビジョンである「つくる人が、いきる世界へ」を達成することだと、改めて原点に立ち返りました。

原点を見つめなおし、これまで改良を重ねていた初期プロダクトにこだわっていては、本当に製造業の方々に貢献できるプロダクトは作れないと気づき、ピボットすることを決断しました。これが現在のSKILL NOTEの前身となっています。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

製造業を支える日本発、世界一のサービスをつくり、「ものづくり」に携わるすべての人が成長実感を持ちながらイキイキと活躍できる社会を目指します。

・今の課題はなんですか?

製造業というグローバルな業界で、私たちは日本発、世界一のソフトウェアサービスを本気でつくりたいと思っています。そこで重要となるのは人材です。私たちと一緒に、チームとしてこの大きな挑戦を目指していける成長意欲の高い人を求めています。

・読者にメッセージをお願いします。

私たちは、徹底的にお客様の声を大事にし、製造業の方々に寄り添いサービスを開発しています。こうした姿勢はこれからも変えるつもりはありません。

一方で、ビジョンの「つくる人が、いきる世界へ」、ミッションの「人材の成長を科学し、ものづくりをアップデートする」は、目の前だけを見てお客様に言われたことを言われた通りに開発を進めるだけでは達成できません。

常に「つくる人が、いきる世界へ」を実現するためにどうすべきか考えて、視座を高く持ち、挑戦し続ける組織をつくっていきたいと思います。

回答者プロフィール 株式会社Skillnote 代表取締役 山川隆史
早稲田大学理工学部卒。信越化学工業株式会社入社。電子材料事業本部にて 新規技術のビジネス開発や開発品の市場開拓などに従事。半導体用材料の 次世代技術開発など、アジア・欧米のグローバル企業とのプロジェクトに 多数参画。2006年3月に製造業の人材育成を支援する会社を創業、2016年1月に株式会社イノービアを設立、2020年9月に社名を株式会社Skillnoteに変更、現在に至る。
会社名 株式会社Skillnote
代表者名 山川 隆史
創業年 2016年
住所 〒104-0031
東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン サウス棟4F
社員数 32名
資本金 514,769,826円(資本準備金等含む)
サービス名 「 SKILL NOTE 」
事業内容 ・製造業向けスキル管理システム「 SKILL NOTE 」の開発・提供
・人材育成/スキル管理領域における支援サービスの提供
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ スキルマップ スキルマネジメント 人材育成 力量管理 山川隆史 株式会社Skillnote 資格管理
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

在宅ワーク特化型求人サイト運営の「アイドマ・ホールディングス」と広報PR指南・人材育成の「AGENCY ONE」が業務提携
2021年6月24日、株式会社アイドマ・ホールディングスは、株式会社AGENCY ONEと業務提携契約を締結したことを発表しました。 アイドマ・ホールディングスは、主婦のための在宅ワーク求人サイト「マ…
VRイベントルーム「cluster」の運営元が4億円調達!
平成30年9月12日、クラスター株式会社は、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 バーチャル上で誰でも、イベントや、ライブ、カンファレンスを開催できるVRアプリ「cluster」を展開…
グローバル人材育成eラーニング「INSIGHT ACADEMY」において特定講座の買い切り動画販売サービスを開始
2022年1月13日、インサイトアカデミー株式会社は、運営する「INSIGHT ACADEMY」において特定講座の買い切り動画販売サービスを新たに開始したことを発表しました。 「INSIGHT ACA…
障害者福祉施設向けクラウドソーシングの「ミンナのシゴト」が資金調達
株式会社ミンナのシゴトは、とちぎ地域活性化投資事業有限責任組合(とちぎ地域活性化ファンド)から出資を受けたことを発表しました。 とちぎ地域活性化ファンドは、株式会社栃木銀行と株式会社とちぎんキャピタル…
AIデータ分析自動化ツール「AMATERAS RAY」など提供の「aiforce solutions」が2.6億円調達
2020年9月14日、株式会社aiforce solutionsは、総額2億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIデータ分析自動化ツール「AMATERAS RAY」や、 AI人材…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ