注目のスタートアップ

SHANRI株式会社 坂井香璃|医療ことばソリューションの事業展開が注目の企業

医療ことばソリューション事業の事業展開で注目なのが坂井香璃さんが2019年8月に創業したSHANRI株式会社です。

体調がすぐれないときに、その状態を的確に表現して医師や医療関係者に伝えることはとても大事なことですが、実際にはなかなか難しいことです。
例えばおなかが痛いとき、「しくしく痛む」「ぎゅっと掴まれたように痛む」「針で刺したように痛む」「時々波が押し寄せるように痛む」など人それぞれいろんな表現で伝えようとします。
その表現を聞いた医療関係者がその症状の原因や状態を想定し、「〇〇という症状でしょう」「△△という状態と考えられます」と返してくれるものの、その言葉が難解で意味がよく理解できず困ってしまった、という経験は誰しもお持ちなのではないでしょうか?

逆に医療関係者の方も、様々な表現で伝えられる症状を的確に把握して素早く正しい診断やアドバイスを行うのは、経験や個人差もあり、なかなか大変なことかと思います。

医学の発展も、病気や不調を治したい本人の辛さを解消するのも、関係者同士ののコミュニケーションが円滑かつ適切に行えていてこそです。
そこが滞ってしまうと、本来あるべき治療や投薬や施設への入所が出来なかったり、数日で治るはずの体調がいつまでもグズグズ長引いてしまったり、記録として残す資料の内容がおかしなことになってしまったりします。
こうした課題を解消する新たな取り組みに今注目が集まっています。

SHANRI株式会社の医療ことばソリューション事業の特徴は、
約700の症状と関連することばをデータベース化し、一般ユーザーの自由な症状ことばと医療専門用語を自由に取り扱える、という点です。

SHANRI株式会社の坂井香璃さんに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

医療用語と一般の症状ことばの紐づけデータを有するという点です。約700の症状と関連することばが閲覧できる医療ことばデータベース(エンジン)事業を通じ下記の実現を目指しています。
■メディカル・ヘルスケア分野における記録のDX化
■医療・症状・ヘルスケアのことばを活用したユーザー視点の新しいマーケット構築

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

不調を抱えてしまったとき、お医者さんに上手く自分の症状を説明できなかったり、難しい医療検索情報で迷子になったり、もっと良い解決策が欲しいと感じている方全てに使っていただきたいです。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

人は特に不調を抱える場面において、本当に自分自身を理解してくれる人やサービス、製品との出会いを求めていると私たちは考えています。
一人の人には、家族があり、生活があり、仕事があり、予算があり、不調を抱えることで感じる心的ストレスや手探りで難しい医療への壁を感じることが今の社会には多いと思います。
私たちは、不調を抱えてしまったとき、健康でいたいと望むときに、自身を心から支えてくれる人やサービス、製品に繋がれるように、一般ユーザーの自由な症状ことばと医療専門用語を自由に取り扱えるデータベース(エンジン)の開発を行っています。一人を支える医療従事者の記録やコミュニケーションの課題の解決と、「ことば」を通して人に寄り添い、その方を理解しながら新しい出会いへのサポーターとなる存在を目指して、弊社は医療ことばソリューション事業に取り組んでいます。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

弊社のポリシーであり健康分野に従事する企業の責任として、テクノロジーだけに頼り切るのではなく人の目、人の心が入ったソリューションの実現を目指し、日々地道なデータ構築業務を進めてきました。決して華やかな業務ではないものの、事業の根幹を担う重要な部分であるため、社員またアノテーションパートナーの方々のご協力のおかげで前進していると心から感謝しています。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

必要な時に、求めている医療情報や製品・サービスに、より深く繋がれるようなソリューション開発を目指しています。市販薬やヘルスケア製品の通販企業様、医療サービス提供企業様、ヘルスケア領域でのIoT化を目指す企業様、広告代理店様やWEBメディア企業様等へのSHANRI医療・症状ことばAPIをご提供し、連携しながら、一日も早いソリューションの普及を目指します。

・今の課題はなんですか?

弊社のビジョンに共感し、社会に価値あるサービスを提供するというパートナーシップを組んでくださる企業様との取り組みを増やすことです。日本の医療やヘルスケア領域の課題は多く、多くの方と協力し合ってしっかりと本質に向き合える事業をしていきたいと考えています。

・読者にメッセージをお願いします。

私自身まだまだ未熟でお伝えできることは少ないですが、ぜひ自分の周りの人や社会に「与える人に」、一緒に頑張っていきたいです。

会社名 SHANRI株式会社
代表者名 坂井香璃
創業年 2019年8月1日
資本金 11,635,888円(資本準備金除く)
事業内容 医療ことばソリューションの開発・運営
所在地 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-22-3
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SHANRI 医療ことば 医療テック 医療記録 医療音声 坂井香璃 症状検索 症状記録
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ