注目のスタートアップ

症状検索エンジン「ユビー」やAI問診サービス「ユビーAI問診」などを提供する「Ubie」が35億円調達

company

2022年7月27日、Ubie株式会社は、総額35億円の資金調達を実施したことを発表しました。

Ubieは、症状検索エンジン「ユビー」、AI問診サービス「ユビーAI問診」、事前Web問診サービス「ユビーリンク」を提供しています。

「ユビー」は、近隣の医療機関などの医療情報を調べられる症状検索エンジンです。

いくつかの質問に応えることで、関連する病気や対処法、適切な診療科、近所の病院・クリニックを調べられるサービスです。

また、回答結果は医療機関に連携されるため、診察がスムーズに進みます。

「ユビーAI問診」は、紙の問診票の代わりにスマートフォンやタブレットを使った問診票です。これにより電子カルテ記載に伴う事務作業が大幅に削減されます。

「ユビーリンク」は、生活者・患者と医療機関をデータ連携する事前Web問診サービスです。

今回の資金は、製薬企業向け事業の人員増強に充当します。

病院の経営課題のひとつに集患(集客)があります。

病院は医療サービスを提供しなくては収益があげられないため、安定した経営を続けていくには集患が必要となります。

また、2022年10月から、医療費の窓口負担が1割だったものが、後期高齢者の一部の負担が2割に引き上げられることになります。

これにより来院する高齢者が減少することが考えられるため、さらに集患が重要となっています。

集患施策としては、チラシなどの配布、広告、ポータルサイトへの登録、予約システムの整備、オンライン診療の導入、ホームページの整備、SNSでの情報発信などが考えられます。

「Ubie」は、月間500万人(2022年7月時点)の患者が利用する症状検索エンジンです。自分の症状にあった近くの医療機関を探すために利用されています。

病院クリニックは無料でこの「Ubie」に掲載できるため近隣患者への認知度を向上させることができます。

また患者が回答した結果(事前問診)を確認することができるため来院した患者への対応も効率化できます。

プロダクトの販売のためにはPRやマーケティングが重要です。「冊子版創業手帳」では、SNSやインターネットを活用したマーケティングのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI Ubie エンジン ユビー ユビーAI問診 医療 医療機関 情報 株式会社 症例 症状検索 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

女性向けメンタリティ教育サービス提供の「LiLi」が1億円調達
2021年7月27日、LiLi株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 女性向けのキャリアスクール「LiLi」、女子学生向け就活サポートコミュニティ「LiLiキャンパス」、女性メ…
地域の短期の仕事と地域を旅したい人をマッチングする「おてつたび」の運営元が資金調達
株式会社おてつたびは、資金調達を実施したことを発表しました。 地域の短期的・季節的な人手不足で困る事業者と、地域外の若者をマッチングするプラットフォーム「おてつたび」を運営しています。 このプラットフ…
建設用3Dプリンター事業など展開の「Polyuse」が8,000万円調達
2021年4月21日、株式会社Polyuseは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 建設用3Dプリンターの実用化に向けた開発、次世代測量技術の開発、社内に抱えるハードウェア・ソ…
リアルイベント連動型ドラフト会議アプリ運営の「なんでもドラフト」が1.7億円調達
2021年6月28日、株式会社なんでもドラフトは、総額1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 リアルイベント連動型ドラフト会議アプリ「なんでもドラフト」を運営しています。 スポーツ…
シンガポール発・人事分析ツール「パナリット」提供の「Panalyt」が3.3億円調達
2021年7月28日、Panalyt Pte Ltd(本社シンガポール)は、総額約3億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 人事分析ツール「パナリット」を開発・提供しています。 散ら…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ