【7月8日】起業家むけ「気になるニュースまとめ」

7月8日のニュースの中で、起業家がチェックしておきたいニュースをまとめました。

先輩起業家の経験が学生の背中を押す

日経新聞で、先日に引き続き筑波大学のスタートアップ創出の取り組みに関するニュースが公開されました。同大学では「次世代起業家養成講座」として、大学OBの起業家を招いた学生向けのプログラムを展開するなど、先輩起業家と現役学生のつながりづくりに積極的に取り組んでいます。これらのプログラムから実際に起業した学生も登場しているそう。

創業手帳代表の大久保も、明治大学で、起業家を招いた参加型のスタートアップ講義「MBAスタートアップ論」を展開しています。聴講形式で学生と起業家を混ぜるプログラム構成で、学生と起業家双方にコミュニケーションが生まれるような講義です。大学・企業双方のやり取りが活性化すれば、産学連携の取り組みに磨きがかかっていきそうです。

「レグテック」って知ってますか? 「規制」の対応をITで自動化

企業の法令順守(コンプライアンス)に変わる煩雑な規制の対応を、ITの力で効率化する「レグテック」の活用が広がりつつあるというニュース。

企業広告の表示審査を自動化するシステムを開発するFRONTEOでは、例えば広告に使いたい文言を入力すると法的に規制がかかっている表現について、要修正対応のアラートを出すなど。

背景として、コンプラに配慮する必要がある領域が増えてきていることに伴って、問題のある表現が無いかどうかをチェックする法務担当者の業務範囲が広がっていることがあります。IT技術を使って効率化を図りたいという需要の高まりを、レグテックが解消してくれるかもしれません。

改正不正競争防止法施行 ビッグデータの不正利用に異議申し立てしやすく

改正不正競争防止法が施行されました。自社の知財が他者から不正に利用された場合に差し止めや賠償請求を行うこと認めた法律ですが、今回の改正で、新たに「パスワードで管理された営業・技術データ」が保護対象になりました。企業に蓄積された情報が不正に外部に流出した場合などに、差し止めを請求できるようになります。

保護されるデータの条件としては、他者との共有を前提に、一定の条件で特定の相手が利用できる性質のもの(限定提供制)、電子データであること、IDやパスワードで管理されていること(特定の対象者以外アクセスできない措置を施していること)が挙げられます。

これまで複製されたり不正に利用された際に、回収や権利の回復が難しかった企業のビッグデータを、より管理しやすい環境に整える狙いがあります。
知財保護の対象となる情報の領域は、今後も広がっていきそうですね。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ トレンド
関連タグ コンプライアンス ニュースまとめ 効率化 審査 技術 日経新聞 産学連携 起業家

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

トレンドのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集