【8月08日】起業家むけ「気になるニュース」まとめ

8月8日のニュースの中から、起業家がチェックしておきたいニュースをまとめました。

みずほ、中小の事業承継でM&Aキャピタルと提携

みずほ銀行がM&A仲介のM&Aキャピタルパートナーズと提携します。みずほ銀行が承継ニーズのある顧客企業をM&Aキャピタルに紹介し、成約した場合のみ報酬の一部を受け取る形です。ニーズが高いものの、成約までに時間とコストがかかるため十分な対応できていなかった、中小企業の事業承継を促す狙いがあります。

M&Aキャピタルがメガバンクと提携するのは初とのこと。承継やM&Aを考える企業が年々増加する中、ニーズをいかに掘り起こすかに課題がある現状です。豊富な顧客層を持つメガバンクの紹介により、中小企業の事業承継が活性化していきそうですね。

エアモビリティのAirX、総額約1.3億円の資金調達

エアモビリティの交通プラットフォームを開発する株式会社AirXが、近鉄ベンチャーパートナーズ株式会社、マネックスベンチャーズ株式会社などを引受先として、シリーズAラウンドで総額約1.3億円の第三者割当増資を達成しました。

同社はテクノロジーを駆使して、小型航空機による中距離の移動をリーズナブルな価格で提供するサービスづくりを行っています。
すでにヘリの即時予約と運賃の低価格化を可能にした、ヘリ手配オンデマンドシステム「AIROS(エアロス)」を構築しており、同サービスの利用者数は4000人に上ります。資金調達により、関東から全国への運航エリアの拡大に加え、航空会社との連携による在庫拡充、エンジニアなどの人材採用を進めます。

ドローン開発など、「空」の領域を開拓する企業がどんどん増えていますね。これまで空の領域の活用が進まなかったのは、システムの開発や航空機の運用に多大なコストがかかり、取組む企業や利用者が限られていたことが一因です。

AirXのように、まず価格破壊を狙う企業が先陣を切って革新的なサービスを生み出すことで、空を手軽に利用できる社会に近づきそうです。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ トレンド

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

トレンドのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
製造業向けインターネット・サービス提供の「アペルザ」が12億円調達
2019年7月31日、株式会社アペルザは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メーカー横断で製品情報を検索できる製造業向けカタログ・ポー…
(2019/8/6)
クラッソーネが施主と解体⼯事会社のマッチング・一括見積りサービス「くらそうね」β版を提供開始
解体工事・外構工事の3社一括見積もりサービスを運営する株式会社クラッソーネが、新サービス「くらそうね」β版を8月1日より愛知県限定で提供開始しました。 「く…
(2019/8/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)