【8月05日】起業家むけ「気になるニュース」まとめ

8月5日のニュースの中から、起業家がチェックしておきたいニュースをまとめました。

経産省、宇宙人材の再雇用を促す仕組みづくりに乗り出す

経産省がJAXA(宇宙航空研究開発機構)や大学と組み、宇宙産業関連で高いスキルを持つ人材の再雇用を促進する取り組みを始めます。人材の専門分野や能力を登録させるデータベースを作成し、人材会社などと組んで宇宙ベンチャーに再就職しやすいような支援を行います。
JAXAや大企業で宇宙産業に携わった人材は、高いスキルを持っている一方で再就職先を探す際に苦労を抱える人が多いという現状と、近年躍進しているベンチャーの人手不足を双方で解決する取り組みです。
高い専門性を持った人材が、民間に渡りやすい仕組みが整えば、最近大手に台頭する存在として登場し始めた民間による宇宙開発の多い風になりそうです。

薬局大手クオール×ビズリーチ 中小の薬局の売却公募

調剤薬局大手のクオールHDが、人材紹介のビズリーチと提携し、事業承継支援サイト「ビズリーチ・サクシード」で売却したい中小の薬局の公募を始めます。オーナーが専門サイトで応募し、条件など交渉して売却を円滑に進める環境づくりを行います。
全国に薬局は約6万店ありますが、その半数が個人経営で、後継者難に悩む個人経営の店舗が多いという現状があります。事業譲渡を検討する経営者の増加に対応する形です。後継者がいないことによるM&Aを支援する取り組みが各業界で進んでいますね。

スタートアップ支援のケップル、アフリカに拡大

スタートアップ支援のケップル(東京・渋谷)がアフリカに進出し、現地のスタートアップ支援や、日本企業との協業の仲介に乗り出します。同社は既にアフリカのスタートアップ21社に計1億円ほど出資しており、今後3~5年で数十億円規模に拡大する計画です。
アフリカでは携帯電話の普及など近年デジタル化が急速に進んでおり、ITベンチャーが続々誕生しています。今後日本企業が現地のスタートアップと組むケースも増えていきそうです。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ トレンド
関連タグ ニュース ビズリーチ まとめ 事業 事業承継 人材 店舗 経営 経営者 起業家 雇用

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

トレンドのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
製造業向けインターネット・サービス提供の「アペルザ」が12億円調達
2019年7月31日、株式会社アペルザは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メーカー横断で製品情報を検索できる製造業向けカタログ・ポー…
(2019/8/6)
クラッソーネが施主と解体⼯事会社のマッチング・一括見積りサービス「くらそうね」β版を提供開始
解体工事・外構工事の3社一括見積もりサービスを運営する株式会社クラッソーネが、新サービス「くらそうね」β版を8月1日より愛知県限定で提供開始しました。 「く…
(2019/8/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)