注目のスタートアップ

明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」

2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。
明治大学の各学部から25組の個人団体の応募があり、8組が最終選考で登壇しました。
ハイレベルなプレゼンが展開され、最優秀賞は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん(情報コミュニケーション学部4年)の「AMATERAS SPACE」が選ばれました。
提携の実現など果敢な姿勢や熱意、今後の可能性などが高く評価されました。昨年から賞金が100万円にアップし、賞金は有志OBからの寄付で賄われました。

優秀賞(賞金20万円)として、商学部4年の辻山憲太さんのBUZZ MAKERS(ショート動画作成サービス)、情報コミュニケーション学部3年のKIM YUNSEOさんのAIte(アイテ・留学生の支援チャットボット)が選出されました。

また、鈴木英樹氏(株式会社ツクリエ代表取締役)、和田誠一郎氏(マネックスベンチャーズ株式会社 代表取締役)、大久保幸世(創業手帳株式会社 代表取締役社長・明治大学MBAスタートアップ論講師)によるトークセッションも行われました。




優勝者した蓮見大聖さん

登壇者

▼最優秀賞 (賞金100万円)
蓮見 大聖さん AMATERAS SPACE

情報コミュニケーション学部4年
誰もが宇宙で暮らせる未来へ。空気をテーマにした宇宙関係のプロダクト。
宇宙服で登場し、果敢なチャレンジで会場を湧かせた。宇宙だけでなくシェルターなど別分野への展開も良いと思いました。

蓮見さんコメント
「こういった支援やチャンスの場ができて嬉しいです。自分が先頭を切って走っていきたいと思います。皆さんチャレンジしましょう!」

▼優秀賞 (賞金20万円)
辻山 憲太さん BUZZ MAKERS 
 
商学部4年
ショート動画で企業課題を解決する。
大手IT企業ですでにショート動画の作成経験があり実現性が高いと思いました。あとはいかに広げるか、組織と仕組みを作るかの勝負だと思いました。

▼優秀賞 (賞金20万円)
KIM YUNSEOさん AIte 

情報コミュニケーション学部3年
留学生の支援チャットボット
留学生としての実体験からの提案なのでプレゼンの説得力がありました。

高山 凱さん  チョイムビ
グローバルビジネス研究科(MBA)1年
映像制作プラットフォームサービス
映像を絡めたプレゼンが優れており、ニーズもあると思いますので今後が楽しみです。

野津 昂太郎さん リファらる
商学部3年
地方人材と地方企業のマッチング支援
地方に留まりたい人材支援サービスは実需があると思いますが、いかに人材を獲得できるかが鍵だと思いました。プレゼンの完成度が高かったです。

野口 侑渡さん BOND 
法学部4年
保証書紛失をゼロに 延長保証を手軽に 次世代型保証書管理アプリ
地味ながら新しい仕組みで個人的に好きなタイプのビジネスで面白いと思いました。

甲田 大介さん おなかの健康プラットフォームビジネス・腸活ビジネス 
グローバルビジネス研究科(MBA)2年
若いエントリー者が多い中、ベテランの起業かつ大学発の技術ということで目立っていました。

大木 勇希さん ISEE   
経営学部 2年
メンズ美容サブスクリプションサービス
いかに早くスタートして実績がつめるかがポイントだと思いました。

概要

名称:第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)
主催:明治大学 経営学部
協力:東京コンテンツインキュベーションセンター/TCIC
   明治大学大学院 経営学研究科
   明治大学専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科
   明治大学地域産学連携研究センター
後援:明治大学中小企業診断士紫紺会
制作・運営協力:株式会社ツクリエ(TCIC運営)
実行委員長:大倉学 経営学部長
選考会司会:宮田憲一 経営学部准教授、運営:川野正雄 TCICインキュベーションマネージャー

審査員

大倉 学氏(明治大学経営学部長)
安達幸裕氏(明治大学大学院グローバルビジネス研究科特任教授)
鈴木英樹氏(株式会社ツクリエ代表取締役)
和田誠一郎氏(マネックスベンチャーズ株式会社 代表取締役)
大久保幸世氏(創業手帳株式会社 代表取締役社長・明治大学MBAスタートアップ論講師)

創業手帳・大久保の感想

最終選考の審査員として参加させていただきました。昨年からさらにハイレベルになっており驚きました。
社会性を意識した広い視野を持った事業やスケールを前提にした事業が多かった印象です。
各大学でもこうしたスタートアップ支援の取り組みが充実していくことを期待したいです。
今回、有志のOBOGの寄付によって運営が支援されました。こうした大学卒業生の寄付による教育やスタートアップの充実が進んでいけばと思います。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。

解説者紹介

大久保幸世 創業手帳 株式会社 代表取締役

大手ITベンチャー役員で、多くの起業家を見た中で「創業後に困ることが共通している」ことに気づき会社のガイドブック「創業手帳」を考案。現:創業手帳を創業。ユニークなビジネスモデルを成功させた。印刷版は累計200万部、月間のWEB訪問数は起業分野では日本一の100万人を超え、“起業コンシェルジェ“創業手帳アプリの開発や起業無料相談や、内閣府会社設立ワンストップ検討会の常任委員や大学での授業も行っている。毎日創業Tシャツの人としても話題に。

創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら
カテゴリ イベント
関連タグ アクセラレーター ビジコン 大学発スタートアップ 大学発ベンチャー 学生起業 明治大学
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

日本の起業家たちのアワード「Japan Venture Awards 2019」が応募者受付中!
中小機構は、同機構が主催する日本の起業家たちのアワード「Japan Venture Awards2019」の応募者受付を、2018年8月3日(金)より開始しました。 「Japan Venture Aw…
【最大賞金50万円!】NCCベンチャーグランプリ2017 グランプリはソーシャル創薬プロジェクト 代表 山本一樹氏
「NCCベンチャーグランプリ」は、日本最大級の機関投資家である日本生命の100%子会社「ニッセイ・キャピタル株式会社」が主催するビジネスコンテストです。自身の事業を投資家の視点から評価してもらうことが…
透明な太陽電池の商品化を進める「OPTMASS」に「中央電力」が出資
2022年11月14日、中央電力株式会社は、株式会社OPTMASSへの出資と、「透明太陽電池研究プロジェクト」(京都大学 坂本准教授らの研究グループ)への寄附を実施したことを発表しました。 OPTMA…
プロバイオティック医薬品を開発する旭川医科大学発ベンチャー「カムイファーマ」が6.5億円調達
2022年7月26日、カムイファーマ株式会社は、総額6億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 カムイファーマは、旭川医科大学とサッポロホールディングス株式会社から「プロバイオティクス…
角川ドワンゴ学園が起業支援教育プログラム「N高起業部」を設立
平成30年2月5日、学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校(N高)」は、「N高起業部」を設立すると発表しました。 「N高起業部」は、生徒の起業を支援する教育プログラムです。 N高通学コースで実施されたプ…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】