注目のスタートアップ

KUROCO株式会社 齋藤健太 | EC向けのデータ分析・可視化ソリューション「EC-DashBoard」で注目の企業


EC向けのデータ分析・可視化ソリューション「EC-DashBoard」で注目なのが齋藤健太さんが2020年に設立したKUROCO株式会社です。

ECサイト運営は、企業の売上を上げるために欠かせない事業の一つになっており、今後も市場が伸びていくEC事業において売上を伸ばしていくことは、企業の活性化に繋がっていきます。

EC売上アップをするためには、膨大なデータを正確に分析し、そのデータを活用して最適な施策を実行することが重要です。

「EC-DashBoard」を導入することにより、分析にかかる時間が大幅に減り、見るべき指標を一元的に可視化して、EC売上を伸ばすための素早い意思決定を可能にします。

KUROCO株式会 代表取締役 齋藤健太さんに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

ECサイトの売上を上げるために見るべきデータを自動で可視化し、その結果に基づいて打ち手の提案や施策の検証まで実現するソリューションです。

20年以上に渡り、ECサイトの売上アップのコンサルティング支援にて培ってきたノウハウや実際に行ってきたデータ分析を実装したツールおよび支援サービスとなります。

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

ECサイトの売上アップのための最適な施策を見出したい方、Webアクセスデータや販売実績データの分析をしていきたい方、分析しようにもデータの収集や整理に時間がかかってしまっている方などに使っていただきたいと思います。

また、当サービスはEC支援をビジネスとして実施したい方向けのパートナー制度もありますので、EC-DashBoardを活用してECサイト支援をしたい方にも利用していただきたいと思っています。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

今やECサイト運営は、企業の売上を上げるために欠かせない事業の一つになっています。今後も市場が伸びていくEC事業において売上を伸ばしていくことは企業の活性化に繋がっていきます。

また、パートナーとしてEC-DashBoardを利用する方にとっては自身のビジネス拡大にも繋がるものとなります。

・設立期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

設立期だからというわけではありませんが、企業にとって「データ活用」は重要性は高いという認識は増えてきているものの、まだまだ緊急性は高くなく、後回しにされがちです。

データ活用できるようになることで、日々行っている施策や業務の精度および検証・改善のスピードが高まっていくということを啓蒙し続けることが大切だと思っています。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

より多くの企業がデータの重要性を理解し、データ活用することにより売上を上げていくことを実現する支援を引き続きやっていきます。

その中でまずはEC事業者およびEC支援をしている方にとって、EC売上アップをするためにはデータ活用が欠かせず、そのためにはEC-DashBoardを導入することが必要、というポジショニングを築いていきたいと思います。

・今の課題はなんですか?

引き続きマーケティング活動は力を入れてやっていきますが、並行して開発リソースも増やしていきたいと思っています。

EC-DashBoardはまだまだソリューションとしては道半ばであり、更なるアップデートを進めていきたいと思っています。

・読者にメッセージをお願いします。

データはビジネス推進していく上でとても有用な道具です。

データ活用を検討したい企業様、データ活用を自身のビジネスに活用したい方など、ぜひご一緒できればと思っています。

回答者プロフィール KUROCO株式会社 代表取締役 齋藤健太

慶応義塾大学理工学部卒業後、株式会社船井総合研究所に入社。
主に中堅規模(数百億)以上の企業をメインクライアントとしたプロジェクトに従事。

化粧品メーカや卸・リテール業界など、幅広い業種において、中期経営計画策定やマーケティング戦略の構築、M&Aにおけるビジネスデューデリジェンス等の実績を有する。

独立後も製造業や小売業、サービス業に至るまで大小様々な企業の課題発見に従事、成果を上げる。特にデータ分析においては、複数のコンサルファームにもアサインされる実力を有する。その他、AI関連スタートアップや教育関連企業からもデータ分析支援の依頼を数多く受けている。

2013年9月にクロスメディア・パブリッシングより「問題解決のためのデータ分析」を出版(2019年2月に新装版を出版)。
また、教育プラットフォームUdemyでは、1万人を超える受講者を抱える。
2020年10月KUROCO株式会社を設立、現在に至る。

会社名 KUROCO株式会社
代表者名 齋藤健太
設立年 2020年
住所 神奈川県横浜市
事業内容 ・ データ分析、活用支援
・ データ分析・可視化基盤の構築
・ 実践的データ分析研修
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EC KUROCO データサイエンス データ分析 データ活用 齋藤健太
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

総合的香水販売サイト「Celes」で映画をイメージした香水を届ける「Celesシネマ」が期間限定でスタート
2020年10月27日、合同会社セレスは、新サービス「Celesシネマ」を実施することを発表しました。 「Celesシネマ」は、総合的香水販売サイト「Celes(セレス)」において、10月27日(火)…
開発不要のチャットボットの構築基盤「Anybot」の開発元が7,000万円調達!
エボラニ株式会社は、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 開発不要のミニ・アプリの構築基盤「Anybot」を開発・提供しています。 ミニ・アプリとは、中国・テンセントが運営する…
買取相場の比較サイトなど運営の「ジラフ」が7,000万円調達!
平成30年3月1日、株式会社ジラフは、総額7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ジラフは、買取相場の比較サイト「ヒカカク!」や、修理料金比較サイト「最安修理ドットコム」、中古スマホの…
アート&クラフトECマーケットプレイス運営の「TRiCERA」が4,000万円調達
2019年9月26日、株式会社TRiCERAは、約4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 アート&クラフトECマーケットプレイス「TRiCERA(トライセラ)」を運営しています…
オンラインストア「HERALBONY」に「ジグザグ」の越境EC支援サービス「WorldShopping BIZ チェックアウト」が導入
2021年1月25日、株式会社ジグザグは、株式会社ヘラルボニーが運営するオンライン・ストア「HERALBONY(ヘラルボニー)」に、「WorldShopping BIZ チェックアウト」を2021年1…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ