注目のスタートアップ

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催

2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH ビジコン2024が行われました。

7組が最終選考で登壇しました。ハイレベルなプレゼンが展開され、優秀賞はcodeless technology株式会社猿谷吉行さん(行政文書のDX)、コンプライアンス・データラボ株式会社 山崎博史さん(マネロン対策)、株式会社27th楢村紘史さん(日本語学習支援)の3名が選ばれました。

登壇以外にも起業家やベンチャーキャピタリスト、メディア、創業関係者なども参加し登壇者や起業家を支援するネットワーキングも行われ、創業手帳代表の大久保幸世も審査員として参加し、コメントやアドバイスなどを行いました。

登壇者

codeless technology 株式会社<優秀賞受賞>
猿谷 吉行さん

使い慣れた運用書類をそのままデジタルフォームにして日本中の現場のDXを推進「Photolize」
感想:申請書類をデジタルフォームにするのは需要があると思いました。どれだけユーザーの単価×1組織あたりの導入フォーム数×業界の面を増やしていけるかですね。上手くやると3つの要素の掛け算、つまり3乗で伸びるので良いと思いました。日本の古い体質の組織に普及できるかが鍵です。官庁街の千代田区霞が関っぽい応募だと思いました。

コンプライアンス・データラボ株式会社<優秀賞受賞>
山崎 博史さん

マネロン・テロ資金供与等の対策における法人、取引の透明性向上のためのデータサービスを提供
感想:帝国データ、TSR、ユーザーベースなど大手がありますが、もともと外資系のデータベース会社におり知見のある山崎さん。TSRと提携し補完関係を持つ現実的な展開をされてます。データベース系は利益率・収益性の高い分野ですのでどれだけデータをカバーできるか、クリーニングできるかがだと思いました。地域性という意味では千代田区の中でも金融街の丸の内っぽい応募だと思いました。

株式会社27th<優秀賞受賞>
楢村紘史さん

日本文化への興味起点で日本語学習を希望する外国人向けオンライン日本語学習サービス
感想:日本語学習者・日本文化ファンはアニメや漫画の影響で世界中に一定の数がいますが、各国で少数派で孤立しており、つながりを求めているので、そうしたユーザーのコミュニティ化も面白いと思いました。今後、人材ビジネス路線に行くのか、コミュニティ文化路線でいくのか、学習ツールとして極めていくのかどの方向を選択するのかでビジネスの体質や構造が大きく変わると思いました。千代田区の地域性ということでいうと「秋葉原感」のある応募だと思いました。

株式会社Alis
志強さん

インバウンド用・ホテル向けの多言語DXサービス

Sympal株式会社
合田圭佑さん

機能性フレッシュドッグフード「MEDIFRESH」~愛犬に本当のフューマングレードを~

株式会社Cell-En
樋口貞春さん

生物(主に微生物)を利用した発電装置の研究開発、製品企画、設計、ライセンス事業

日本美容創生株式会社
金山 宇伴さん

更年期を迎える女性のビューティヘルスケア事業

概要

名称:千代田CULTURE x TECH ビジネスコンテスト2024
日時:2024日3月19日 (火) 18:00~20:30
会場:Startup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F)
参加費:無料
主催:千代田区
運営:株式会社ツクリエ

審査員

i-nest capital株式会社 代表パートナー/日本ベンチャーキャピタル協会理事 山中 卓 氏
株式会社MMインキュベーションパートナーズ 代表取締役/早稲田大学MBA非常勤講師 宮地 恵美 氏
創業手帳株式会社 代表取締役社長 大久保幸世

左から審査員山中さん、受賞者山崎さん、楢村さん、猿谷さん、審査員宮地さん、大久保

創業手帳・大久保の感想

最終選考の審査員として参加させていただきました。
千代田区ならではの特色のある社会性を意識した事業が多かった印象です。
面白いと思ったのは、千代田区は霞が関のような官庁街から、丸の内・日比谷などのビジネスエリア、秋葉原・神保町のようなカルチャー・アートなどの特色のあるエリアと幅の広さです。
千代田区は、行政の霞が関、大手企業中心の丸の内、書籍の街の神田神保町、秋葉原のサブカルなど様々な特徴があります。それらをカルチャーとテックという横串を刺して、ミックスしてみるという試みが非常に面白いと思いました。新しい発想は、異質なものの融合から生まれるからです。
各自治体でもこうした一捻りしたコンセプトに、エッジの立ったスタートアップ支援の企画が増えていくことを期待したいです。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。

解説者紹介

大久保幸世 創業手帳 株式会社 代表取締役

大手ITベンチャー役員で、多くの起業家を見た中で「創業後に困ることが共通している」ことに気づき会社のガイドブック「創業手帳」を考案。現:創業手帳を創業。ユニークなビジネスモデルを成功させた。印刷版は累計200万部、月間のWEB訪問数は起業分野では日本一の100万人を超え、“起業コンシェルジェ“創業手帳アプリの開発や起業無料相談や、内閣府会社設立ワンストップ検討会の常任委員や大学での授業も行っている。毎日創業Tシャツの人としても話題に。

創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら
カテゴリ イベント
関連タグ TOKYO創業ステーション ビジコン ビジネスコンテスト 東京都
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

【東京】「中食における東京産食材PR事業」補助金 東京産食材を使った総菜・デザートなどのテイクアウト販売を支援
2022年11月8日、東京都は「中食における東京産食材PR事業」について発表しました。 大型商業施設に常時出店しているテイクアウトを主体とする総菜等製造販売業者が東京産食材を使った総菜、デザート等を販…
【東京都】「夜間・早朝利活用促進助成金」 7/10締切
2023年5月10日、公益財団法人東京観光財団は、令和5年度「夜間・早朝利活用促進助成金」について発表しました。 夜間・早朝に行われるイベントの実施や情報発信の取り組みに助成金を交付します。 対象者 …
【東京都】「若手・女性リーダー応援プログラム助成事業」「商店街起業・承継支援事業」助成金
「若手・女性リーダー応援プログラム助成事業」「商店街起業・承継支援事業」のご案内です。 都内商店街で、新たに店舗を開業しようとする方を支援することで、商店街の活性化を図ります。 店舗の工事費等、経費の…
【東京】「中小企業DX 推進に係るスタートアップ支援事業( DX Scrum Team プロジェクト )」 スタートアップの実証実験を支援
2022年11月4日、東京都は、「中小企業DX 推進に係るスタートアップ支援事業(DX Scrum Team プロジェクト)」(第1期)について発表しました。 企業が抱える課題の解決に資する販売(事業…
【東京】「一時支援金等受給者向け販路開拓サポート助成事業」助成金
公益財団法人東京都中小企業振興公社は「一時支援金等受給者向け販路開拓サポート助成事業」について発表しました。 一時支援金等(※)を受給した都内中小企業の、販売促進の取り組みに助成金を交付します。 助成…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】