「エネルギー白書2024」(令和5年度エネルギーに関する年次報告)

tips

経済産業省 資源エネルギー庁は、「エネルギー白書2024」(令和5年度エネルギーに関する年次報告)を公表しました。

「エネルギー白書」は、政府がエネルギーの需給に関して講じた施策の概況について国会に提出する報告書です。

例年「エネルギー白書」では、エネルギー動向や、前年度においてエネルギー需給に関して講じた施策の状況について記載しています。

2024年はそれらに加え、以下の部分にフォーカスし紹介を行っています。
・福島復興の進捗
・カーボンニュートラルと両立したエネルギーセキュリティの確保
・GX・カーボンニュートラルの実現に向けた課題と対応


エネルギーは国民生活や経済活動にとって必要不可欠な要素です。

したがって、エネルギーの安定供給は、すべての国において重要な取り組みとなっています。

一方で、ロシアによるウクライナ侵攻や、イスラエル・パレスチナ情勢の悪化などにより、世界のエネルギー情勢を巡る不確実性が悪化し、安定供給に大きな懸念が生じています。この不安定な状況は燃料価格の高騰として現れており、日本は歴史的な円安もあわさって、かなりの影響を受けています。

そして、日本の電力需要については、人口減少や節電・省エネが進むことで家庭部門の需要の減少が予測される一方で、社会のデジタル化が進展し、データセンターや半導体工場の新増設などにより、産業部門の電力需要が大幅に増加することが予測されています。

このようなエネルギー動向は中長期的な経営戦略を立てる上でも重要となる情報です。

創業手帳では起業を目指す方などを対象に無料で専門家の紹介を行っています。起業にあたって不安や相談したいことなどがある起業家の方はぜひご活用ください。

また、起業家や専門家の生の声をもとに記事化した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」や、資金調達に特化した「資金調達手帳」も無料で発行しております。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ GX エネルギー エネルギーに関する年次報告 エネルギー白書2024 カーボンニュートラル 経済産業省 資源エネルギー庁
詳細はこちら

令和5年度エネルギーに関する年次報告 (エネルギー白書2024)PDF版

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「荷主企業における物流効率化に向けた先進的な実証事業」2次公募
経済産業省は、「荷主企業における物流効率化に向けた先進的な実証事業」の2次公募の申請受付を開始したことを発表しました。 荷主企業の物流施設の自動化・機械化に資する機器・システムの導入等に係る費用を補助…
環境に配慮されたアパレルブランドを運営する「SHEMM」が7,000万円調達
2023年12月7日、株式会社SHEMMは、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 SHEMMは、環境に配慮されたアパレルブランド「SHEMM(シェム)」を運営しています。 オリ…
長距離ワイヤレス給電技術の社会実装を目指す「エイターリンク」が20.6億円調達
2024年5月9日、エイターリンク株式会社は、総額20億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エイターリンクは、米・スタンフォード大学発のスタートアップ企業です。 ファクトリーオート…
令和6年度「ヘルスケア産業国際展開推進事業費補助金」補助事業者(執行団体)の公募
経済産業省は、令和6年度「ヘルスケア産業国際展開推進事業費補助金」に係る補助事業者(執行団体)の公募について発表しました。 日本が高い競争力を有する医療や介護等のヘルスケアに関して、技術及びサービス、…
世界最大のスタートアップ・コンテスト「Extreme Tech Challenge」 日本予選が2022年3月9日に開催
2021年12月25日、XTC JAPAN運営委員会は、「Extreme Tech Challenge(XTC)」の日本予選を、2022年3月9日に開催することを発表しました。 「XTC」は、人類の課…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】