中小企業生産性革命推進事業「事業承継・引継ぎ補助金」(10次公募)公募発表

subsidy

2024年7月1日、中小企業庁は、中小企業生産性革命推進事業「事業承継・引継ぎ補助金」(10次公募)の公募について発表しました。

事業承継・引継ぎ補助金は、事業承継を契機として新しい取り組み等を行う中小企業等及び、事業再編、事業統合に伴う経営資源の引継ぎを行う中小企業等を支援する制度です。

10次公募は専門家活用枠のみでの実施です。経営革新枠、廃業・再チャレンジ枠での申請はありません。

また、10次公募は、令和5年度補正予算において、より多くの事業者に補助金の活用を促すため、臨時的に増設された公募回です。そのため、他公募回と比べて補助事業期間が短くなっているため、注意してください。

補助事業期間(予定)
2024年8月末または9月月初~2024年11月22日(金)

専門家活用枠

M&Aによる経営資源の引継ぎを支援するため、M&Aに係る専門家などの活用費用を補助します。
補助率:2/3、または1/2
補助上限:600万円以内(廃業費上乗せ額+150万円)

対象者

M&Aにより経営資源を他者から引継ぐ、あるいは他者に引継ぐ予定の中小企業・小規模事業者(個人事業主を含む)。

公募期間

2024年7月1日(月)2024年7月31日(水)17:00


国内企業の99.7%を占める中小企業は、国内経済の重要な柱となっています。その中でも、半数以上は60歳以上の経営者が率いています。

経営者の高齢化が進むにつれ、引退を理由とする廃業が増加すると予測されています。中小企業庁の「2022年版 小規模企業白書」によれば、後継者不在率は2017年に66.5%でピークを迎え、その後は微減傾向にあるものの、2021年でも61.5%と依然として高い水準にあります。

このように、事業承継は国内経済にとって喫緊の課題であり、中小企業が持つ貴重な経営資産、知識、ノウハウ、技術、雇用を失わないようにするためにも、適切な経営の引き継ぎが求められています。

このような状況下で、第三者への事業承継の手段としてM&Aが注目されています。そしてM&Aによる事業承継を成功に導くには専門家のアドバイスが欠かせません。

中小企業生産性革命推進事業「事業承継・引継ぎ補助金」専門家活用枠は、M&Aにかかる専門家等の活用を支援する補助金です。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金のノウハウを解説しています。

また、日々更新される補助金・助成金の情報を、個人に最適化してメールでお知らせする「補助金AI」も運営しています。こちらもご活用ください。

ほかにも、資金調達のノウハウを集めた「資金調達手帳」も無料でお送りしています。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ M&A 中小企業庁 中小企業生産性革命推進事業 事業承継 事業承継・引継ぎ補助金 事業統合 再チャレンジ 助成金 専門家 専門家活用 廃業 引き継ぎ 補助金
詳細はこちら

中小企業生産性革命推進事業「事業承継・引継ぎ補助金」(十次公募)の公募要領を公表します

事業承継手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

令和5年度「経営継承・発展等支援事業」補助金
一般社団法人全国農業会議所は、令和5年度「経営継承・発展等支援事業」の公募を行っています。 地域農業の担い手の経営を継承した後継者が、経営継承後の経営発展に関する計画(販路の開拓、新品種の導入、営農の…
【東京都】第1回「設備投資緊急支援事業」 2024年問題対策に取り組む中小企業の機械設備導入を支援
東京都は、第1回「設備投資緊急支援事業」の募集を開始したことを発表しました。 働き方改革関連法の時間外労働の上限規制が本年4月から運送・物流、建設業等にも適用されることにより運送・物流、建設業界で人手…
「森林・山村地域振興対策のうち国民参加の植樹等の推進」補助金
林野庁は「森林・山村地域振興対策のうち国民参加の植樹等の推進」の公募について発表しました。 国民各層の幅広い参画による植樹等の森林づくりについて、全国規模の緑化運動に関する以下の事業を支援します。 全…
食に特化した事業承継プラットフォームを展開する「まん福ホールディングス」が12億円調達
2024年6月3日、まん福ホールディングス株式会社は、総額12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 まん福ホールディングスは、食に特化した事業承継プラットフォームとして、後継者が不在にある食に…
「持続可能な食品産業への発展促進事業のうち食品産業サステナビリティ推進実証事業」追加公募(3次公募)
2023年10月23日、農林水産省は、令和5年度「持続可能な食品産業への発展促進事業のうち食品産業サステナビリティ推進実証事業」の追加公募(3次公募)について発表しました。 食品産業を持続可能なものと…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】