【関東】令和6年度「知財を企業の強みに!知財で企業の「稼ぐ力」向上プロジェクト」(知財経営伴走支援・支援人材育成事業)支援先企業募集

subsidy

経済産業省関東経済産業局は、令和6年度「知財を企業の強みに!知財で企業の「稼ぐ力」向上プロジェクト」(知財経営伴走支援・支援人材育成事業)の支援先企業の募集を開始しました。

自社の強みを知財として認識し、磨き上げ、新たな価値創出を目指す地域の中小企業、中堅企業、スタートアップに対し、複数の専門家がチームを組み伴走支援(知財経営コンサルティング、メンタリング)を行います。

さらには、伴走支援を通して、経営戦略に基づいた知財経営に取り組む企業を増やし、地域全体の稼ぐ力の向上を目指します。

令和6年度は、各企業セクターに対して重点課題(中小企業は事業承継、中堅企業は新事業展開等、スタートアップは資金調達)を設定し、これらの重点課題に対して知財活用・知財経営を促すことで、課題解決に繋げるとともに、有効な知財支援モデルケースの創出を目指します。

募集企業

・関東経済産業局管内(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・山梨県・長野県・静岡県)に本社のある中小企業、中堅企業、スタートアップ
・自社の強み(技術、ノウハウなどを含む広義の知的財産)を経営に活用することに対して、意欲や熱意、課題認識等を有する中小企業、中堅企業、スタートアップ

支援期間・回数

2024年8月から2025年2月までの間に5回程度(各回2時間程度を想定。ただし、IPLを実施する企業は7回程度を想定)の支援を実施する予定です。

費用

無料

募集期間

2024年6月24日(月)~2024年7月22日(月)


知的財産権は、企業にとって重要な経営資源のひとつです。

企業は特許などを取得することで、自社の製品や技術を保護し、模倣や侵害から守ることができます。また、知的財産権を活用してビジネスを独占的に展開することで、企業は利益を最大化することが可能です。

特許庁の調査によると、知的財産を所有する中小企業は、所有しない企業に比べて売上高営業利益率が高いことが示されています。つまり、知的財産の活用と企業の成長には相関があるのです。

しかし、知的財産権を戦略的に活用するには専門的な知識が必要です。中小企業やスタートアップはリソースに制約があるため、十分な知財戦略を展開できないことが多く、利益を最大化できていないという現状があります。

こうした課題を解決するには、知財戦略を展開するための資金、人材、ノウハウを手に入れる必要があります。そしてこれらリソースは国・自治体が支援策として提供しているため、知財経営に取り組みたい企業は、こうした支援事業を最大限に活用することが重要です。

知的財産権の活用のためには、スタートアップ・中小企業のビジネスのことを理解した専門家の支援を受けることが重要です。創業手帳は無料で専門家の紹介を行っているため、知財活用を考えている企業はこちらを活用できます。

また、起業家や専門家の生の声をもとに記事化した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」や、資金調達に特化した「資金調達手帳」も無料で送付しております。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ IP メンタリング 伴走支援 知的財産権 知財 知財を企業の強みに!知財で企業の「稼ぐ力」向上プロジェクト 知財経営 知財経営コンサルティング 知財経営伴走支援・支援人材育成事業 経営戦略
詳細はこちら

令和6年度「知財を企業の強みに!知財で企業の「稼ぐ力」向上プロジェクト」(知財経営伴走支援・支援人材育成事業)の支援先企業を募集します

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「知財総合支援窓口」
独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)は、「知財総合支援窓口」を47都道府県に設置しています。 「知財総合支援窓口」は、中小企業などが抱えるさまざまな経営課題について、アイデア・技術などの「…
バーチャルIPのプロデュース・バーチャルコンテンツ制作事業を展開する「Activ8」が資金調達
2023年10月24日、Activ8株式会社は、「KDDI Open Innovation Fund 3号」から資金調達を実施したことを発表しました。 Activ8は、バーチャルIPのプロデュース事業…
スタートアップ支援プログラム「S.C.A.L.E.」が始動 9/21にメンタリングDAYが開催
2019年8月29日、F Ventures LLPは、ベンチャー・キャピタリストの松永将幸氏(株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ在籍)と渡辺麗斗氏(株式会社ドーガン・ベータ在籍)と共同し、「…
LINEアプリ開発サービス展開の「on」が資金調達 コンテンツプロバイダー事業展開の「DoersTokyo」と業務提携
2021年12月14日、on株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、DoersTokyo株式会社と業務提携契約を締結したこともあわせて発表しました。 onは、LINEアプリ受託開発事…
NFT発行を中心にコミュニティ運営や演出を行う「Apas Port」が設立 2,350万円調達
2023年7月20日、株式会社Apas Portは、会社の設立と、2,350万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Apas Portは、NFT発行を中心にコミュニティ運営や演出を行う、Web3…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】