注目のスタートアップ

学習管理アプリ「Studyplus」などを提供する「スタディプラス」が資金調達

company

2022年8月24日、スタディプラス株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

スタディプラスは、学習管理アプリ「Studyplus」や、教育機関向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」、電子参考書プラットフォーム「Studyplusブック」を展開しています。

「Studyplus for School」は、学習管理アプリ「Syudyplus」で先生と生徒をつなぎ、生徒の日々の学習状況を先生が見守り助けることができる、学習管理プラットフォームです。

紙の教科書・参考書、デジタル教材など、あらゆる学習ログを一元管理し、先生の業務負荷を軽減し、さらに学習の個別最適化を実現します。

2022年8月現在、全国の学校・学習塾など1,000校以上に導入されています。

今回の資金は、各プロダクトの新機能開発、人材採用、マーケティング活動に充当します。

国内では教員の長時間労働が大きな課題となっていることは多くの人がご存知のことでしょう。

文部科学省の「教員勤務実態調査」(2016年度)によると、小学校教諭の33.4%、中学校教諭の57.7%が、過労死ラインを超える月80時間以上の残業をしていました。

この長時間労働は社会問題となり、教育機関では働き方改革に向けた取り組みが進められています。

これにより、2021年4月の時間外勤務の割合は、小学校において月80時間超が8.2%、中学校では19.9%、高等学校では11.0%と大きく減少しています。

この時間外労働の減少は、教育機関におけるデジタル化・テクノロジー活用が進み、業務効率化が進んだことが理由であると考えられます。

また、業務効率化としてだけでなく、教育のクオリティを向上させたり、デジタルスキルの向上を目指すため、2021年4月から生徒ひとりひとりに端末を支給するGIGAスクール構想がはじまっています。

こうしたデジタルシフトが進んでいくことで、教員のさまざまな業務が効率化され、その分、生徒ひとりひとりを直接見られる時間が増えていくことでしょう。

スタディプラス株式会社のコメント

このニュースを受けまして、スタディプラス株式会社よりコメントが届きました。

(コメントはプレスリリースから抜粋)

・今回の資金調達の目的は何ですか?

当社が提供するソフトウェアプロダクトである「Studyplus」や「Studyplus for School」、出版社の皆様と共同で取り組んでいる電子参考書プラットフォーム「Studyplusブック」の機能強化を目的としています。

・今後の展望を教えてください。

私教育・公教育の現場に存在する課題に対して当社が提供できるソリューションを着実に増やしていきます。

・読者へのメッセージをお願いします。

当社ミッションである「学ぶ喜びをすべての人へ」の達成に向けて、教育データの利活用等も視野に入れた個別最適化学習の実現に向けた取り組みを今後も続けていきます。

人手不足は教育領域だけでなく、さまざまなところで大きな課題となっています。人手不足によって従業員に負担がかかってしまうと生産性が低下してしまいます。さらには健康にも被害が出てしまう可能性もあります。そのためデジタル化やテクノロジーの活用によって業務効率化・省人化を図ることの重要性が高まっています。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、業務効率化を実現するシステムの整備などについて解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EdTech Studyplus Studyplus for School Studyplusブック スタディプラス 一元管理 学校 学習 学習塾 教育機関 株式会社 管理 資金調達 電子参考書
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

中古マンションのオンライン買取「すむたす買取」運営の「すむたす」が5億円調達
2020年2月4日、株式会社すむたすは、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIを活用し最短2日での中古マンション買取を実現するオンライン買取サービス「すむたす買取」や、手数料無料の…
「東京オフィス検索」で複数の賃貸オフィスのオンライン内見サービスがスタート
2020年9月28日、株式会社ボルテックスは、「東京オフィス検索」において、複数の賃貸オフィスをオンラインで同時に内見することができるサービスを開始したことを発表しました。 「東京オフィス検索」は、ビ…
自社のニュースをPRできる「PRONE」内にてオンライン上で記者発表ができる新サービスを開始。
2020年3月12日、株式会社シプードは、「PRONE(プロネ)」内にてオンライン上で記者発表ができる新サービスを開始しました。 「PRONE」は、記者に自社のニュースをPRできる国内初のクラウド記者…
生活習慣病患者/予備軍向け食事指導サービス「NPartner」開発・運営の「タウンドクター」が5,000万円調達
2022年5月25日、タウンドクター株式会社は、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 タウンドクターは、生活習慣病患者/予備軍向け食事指導サービス「NPartner」を開発・提供して…
海外ビジネスメディア「海外情報ナビ」 現地調査サービス「ちょこシル」を提供開始
2022年5月26日、株式会社クロス・マーケティンググループの関連会社である株式会社gr.a.mは、運営する海外ビジネスメディア「海外情報ナビ」において、新サービス「ちょこシル」の提供を開始します。 …

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ