注目のスタートアップ

人的資本/ウェルビーイング経営支援の「ラフール」が資金調達

company

2024年5月20日、株式会社ラフールは、資金調達を実施したことを発表しました。

今回の資金調達により、累計調達額は30億円となりました。

ラフールは、適性検査ツール「テキカク」や、組織改善サーベイ「ラフールサーベイ」の提供を通じ、人的資本/ウェルビーイング経営を支援しています。

「テキカク」は、企業の組織文化とのマッチ度から、採用候補者の定着率や活躍度がわかる適性検査ツールです。ミスマッチ・早期離職・低パフォーマンスなどを防ぎ、組織力向上を実現します。

「ラフールサーベイ」は、定期的に社員にサーベイを実施し、組織の課題や非財務情報を可視化し、分析、課題特定、改善立案、対策までをワンストップで実現するツールです。

また、人事戦略・制度設計、組織開発支援などの各種コンサルティングや、マネジメント・レジリエンス・メンタルヘルス・睡眠などの各種研修も提供しています。

今回の資金は、プロダクト・研究開発、人材確保に充当する予定です。


人材は経営において欠かせない資源(リソース)のひとつです。

以前から人材の重要性は認識されていましたが、近年はさまざまな領域で人手不足が深刻化しており、さらに今後も少子高齢化によって人材の絶対数が減少していくことが見込まれるため、より一層人材の重要性が高まっています。

こうした背景のもと、企業価値のさらなる向上のため、人材を資本として捉える経営戦略である「人的資本経営」が注目されています。

人的資本経営は、人材をションとして捉えて投資対象とし、その価値を最大限に引き出すことで、中長期的な企業価値向上につなげる戦略です。

この人的資本経営を実施するには、企業・組織・人材の状態を常に把握し、課題を見つけ、その改善を図ったり、研修を実施したり、より人材が力を発揮できるような配置転換を行ったりすることが必要となります。

株式会社ラフールのコメント

このニュースを受けまして、株式会社ラフールよりコメントが届きました。

結木啓太(ゆうき・けいた)
株式会社ラフール 代表取締役社長
宮城県仙台市出身。営業支援会社などを経て、2011年、株式会社ラフールを設立し、代表取締役社長に就任。2019年2月、組織改善ツール『ラフールサーベイ』を提供開始。サービスローンチ約4年で有料導入企業数累計1,600社を突破。2023年8月、ミライ適性検査『テキカク』を提供開始。組織と人材のビッグデータによる分析力で企業の強みを伸ばし、人的資本/ウェルビーイング経営支援を行う。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

今年2月、日本における人的資本/ウェルビーイング経営をデータで推進する研究機関「LAFOOL lab.」を設立しました。

本機関では、当社がもつ働く人々のメンタルヘルス、フィジカル、エンゲージメント、パーソナルデータをはじめとした1億5,000万のユニークなデータを活用し、研究・開発を進めています。

これらの研究データをもとに、新たなHRプロダクト・スキームを構築し、採用市場、HR市場の事業展開を強化していくためのプロダクト・研究開発への投資、人材確保が目的です。

・今後の展望を教えてください。

既存のプロダクト「ラフールサーベイ」「テキカク」の拡販はもちろん、研究データをもとにしたプロダクト開発を通じて、企業の人的資本/ウェルビーイング経営を支援をし、当社のパーパスである「メンタルデータテック®︎で笑顔を創る」を実現してまいります。

・読者へのメッセージをお願いします。

メンタルデータをはじめとしたユニークなビッグデータを活用し、働く人々の笑顔を創っていく会社です。急拡大中につき、一緒に働いてくれる仲間を募集しています!まずはカジュアルにお話しさせていただき、当社の事業、共に働く社員のことを知っていただければ幸いです。

人的資本経営の実現のためには、データを収集するためのシステムやツールの導入も重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューし、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらも参考にしてください。

また、組織の改善や人材採用には資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB ウェルビーイング経営 コンサルティング サーベイ ツール テキカク マネジメント ラフール ラフールサーベイ 人的資本 人的資本経営 改善 株式会社 組織 組織開発 資金調達 適性検査
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

女性専用フィットネスブティックスタジオを運営する「LIFE CREATE」が9.2億円調達
2023年3月28日、株式会社LIFE CREATEは、総額9億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 LIFE CREATEは、女性向けの目的型フィットネスブティックスタジオを4ブラ…
商談DXプラットフォーム「CEOclone」を提供する「タッチスポット」が資金調達
2024年1月11日、タッチスポット株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 タッチスポットは、商談DXプラットフォーム「CEOclone」を開発・提供しています。 「CEOclone」は、…
ドローンデータによる森林解析システム「DF Scanner」を提供する「DeepForest Technologies」が4,500万円調達
2022年12月20日、DeepForest Technologies 株式会社は、総額4,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 DeepForest Technologiesは、ドロー…
高級時計・ブランドバッグの二次流通サービスを展開する「アワバリュー」が資金調達
2022年10月31日、株式会社アワバリューは、資金調達を実施したことを発表しました。 アワバリューは、高級時計・ブランドバッグ・ジュエリーの一括査定サービス「PREMIER VALUE 一括査定」、…
循環型養殖と「つきみいくら」などのD2Cブランドを展開する「Smolt」が6,500万円調達
2022年9月15日、株式会社Smoltは、総額約6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 山と海をつなぐ独自の循環型養殖技術によるサクラマスの完全養殖を実現している宮崎大学発ベンチャー…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】