注目のスタートアップ

スニーカーのCtoCマーケットプレイス「スニーカーダンク」運営の「SODA」が資金調達

company

2021年12月2日、株式会社SODAは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、SoftBank Vision Fund 2です。

スニーカー&ハイブランドC2Cマーケットプレイス「スニーカーダンク(SNKRDUNK)」を運営しています。

個人間の取引の間に真贋鑑定を行うことで偽造品の流通を防ぎ、安心・安全なC2C取引を実現しています。

今回の資金は、シンガポール、オーストラリア、香港などのアジア市場の獲得や、国内事業の拡大・強化、AIを活用したロジスティクス、真贋観点、カスタマーサポートなどに充当されます。

経済産業省によると、2020年のCtoC-ECの市場規模は1兆9,586億円(前年比12.5%増)と推計されています。

2013年の「メルカリ」の登場以来、フリマアプリは多くの人びとに認知され、モノの売買プラットフォームとして根付いています。

フリマアプリでは様々な物品が取引されていますが、偽造品・不良品の問題はつきものです。

特にスニーカーなどの希少性の高いものは偽造品が横行しており、フリマアプリでは取引が難しいという問題があります。

偽造品をなくすためには、ブランド品の取引と同様に鑑定が必要です。

「スニーカーダンク」は、フリマアプリのシステムに偽造品鑑定をプラスすることにより、スニーカーのCtoC取引を実現しました。

スニーカーCtoCでは、競合サービスとして「モノカブ」がありましたが、2021年9月に「スニーカーダンク」との統合を発表し、日本発のスニーカーCtoCは「スニーカーダンク」のみとなりました。

スニーカー発祥の国であるアメリカでもスニーカーCtoCは非常に勢いがあり、StockXは2019年に評価額が1,000億円を超え、ユニコーン企業の仲間入りを果たしています。

StockXは日本にも進出しており、海外からの出品もあるため取り扱っている商品数が違い、また資本力もあります。SODAはアジア市場の獲得やロジスティクスの強化により、StockXなど海外発のスニーカーCtoCと戦っていくようです。

ECサイトはプロダクト販売のチャネルとして重要な存在です。ただ販売するだけでなく、企業・ブランドの価値観を発信するためのものとして活用することもできます。「冊子版創業手帳」では、創業期におけるECサイトの導入について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ C2C CtoC SNKRDUNK SODA スニーカー スニーカーダンク ハイブランド マーケットプレイス 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

人工衛星のデータを高速に受信できる地上局プラットフォーム「Skygate」開発「スカイゲートテクノロジズ」が資金調達
2020年8月26日、スカイゲートテクノロジズ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 クラウド地上局プラットフォーム「Skygate」を開発しています。 人工衛星から地上にデータを転送する…
浄水炭サブスク「SUMITCH」が環境アクションプラットフォーム「change」と提携
2022年2月22日、株式会社クジラテラスは、株式会社チェンジ・ザ・ワールドが提供するサービス「change」と提携したことを発表しました。 クジラテラスは、浄水炭サブスクリプションサービス「SUMI…
肝疾患治療用細胞シートの実用化を目指す「カノンキュア」がサイバニスク技術の「サイバーダイングループ」と資本業務提携
2021年8月5日、カノンキュア株式会社は、CYBERDYNE株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 また、CYBERDYNEの子会社であるCEJキャピタル株式会社が運用するサイバ…
量子アニーリング研究開発ソリューション提供の「シグマアイ」が4億円調達
2019年12月3日、株式会社シグマアイは、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 B2B向けに、量子アニーリング・マシンを活用した総合ソリューションを提供しています。 具体的には、量子…
経頭蓋電気刺激を搭載したデバイスを開発する「Ghoonuts」が資金調達
2021年11月1日、Ghoonuts株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ニューロサイエンス(神経科学)によって人間の能力を向上させる技術を開発しています。 集中力の向上や、スポーツ・…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ