令和6年度第1回「地熱発電理解促進事業費補助金」公募

subsidy

経済産業省資源エネルギー庁は、令和6年度第1回「地熱発電理解促進事業費補助金」に係る補助事業者の公募について発表しました。

地熱発電の導入を目的として地熱資源開発をしているまたは今後地熱資源開発を予定している地点(地熱資源開発地点)において実施する、地熱資源開発への理解促進に資する事業(補助事業)に要する経費を補助することにより、地熱資源開発地点における周辺住民等(周辺住民等)の地熱資源開発に対する理解を促進し、もって地熱資源開発の推進に資することを目的とします。

事業内容

地熱資源開発地点において、周辺住民等の地熱資源開発に対する理解を促進するために実施する以下の(1)、(2)の補助事業に要する経費について補助します。

(1)勉強会等事業

①対象事業
地熱資源開発に関する講習会・勉強会等。

②対象地点
出力1,000kW以上を念頭に地熱資源開発を進めているまたは今後地熱資源開発を予定している地点(ただし、継続事業として実施する場合の出力要件は、この限りではない)。

③対象者
・地熱資源開発事業者
・地熱資源開発地点が所在する地方自治体

(2)温泉影響調査等事業

①対象事業
地熱資源開発が進められた後、地熱資源開発地点の周辺温泉において、万が一何らかの理由により温泉の湧出量等が過度に減少した場合における温泉資源の調査や掘削事業。

②対象地点
出力5,000kW以上を念頭に地熱資源開発を進めている地点、5,000kW以上の出力を持つ既設発電所の周辺または既設発電所の出力を5,000kW以上に増強するための追加掘削をおこなっている地点。

③対象者
・地熱資源開発事業者
・地熱資源開発地点の周辺温泉事業者
・地熱資源開発地点が所在する地方自治体

公募期間

2024年5月10日(金)~2024年5月31日(金)12時必着


SDGs(持続可能な開発目標)の推進により、世界中で再生可能エネルギーの普及が進んでいます。

化石燃料の問題点は、枯渇リスク以外にも、CO2を含む温室効果ガスの排出が気候変動に影響を与えていることが指摘されています。

再生可能エネルギーは、太陽光や風力などの枯渇しない資源を活用したエネルギーのことであり、持続可能な社会を構築する上で不可欠なものとして開発が進められています。

地熱発電は、主に地球の熱を利用して発電する方法であり、再生可能エネルギーの一形態です。

地熱発電の利点としては、資源量が豊富であり、天候や季節、昼夜の影響を受けずに安定した発電が可能であることが挙げられます。そのため、日本などの火山国では大いに可能性があります。

しかし、調査や開発にはコストや時間がかかるほか、温泉の湧出量の減少リスクや自然災害リスクなどが指摘されています。これらの問題を解決することが、地熱発電の普及において重要です。

とくに日本では、温泉が観光資源として重要視されているため、地熱発電所の開発に対する地域住民の反対運動が起こりやすいという課題があります。

そのため、地熱資源の開発には地元や周辺住民の理解を得るための努力が欠かせません。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金のノウハウを解説しています。

また、日々更新される補助金・助成金の情報を、個人に最適化してメールでお知らせする「補助金AI」も運営しています。こちらもご活用ください。

ほかにも、資金調達のノウハウを集めた「資金調達手帳」も無料でお送りしています。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ エネルギー 地熱 地熱発電 地熱発電理解促進事業費補助金 地熱資源 温泉 補助金
詳細はこちら

令和6年度第1回「地熱発電理解促進事業費補助金」に係る補助事業者の公募について

補助金ガイド
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

【参加費無料】まだ間に合う!中小企業が知っておきたい 今年使える補助金制度オンラインセミナーを開催
国や地方自治体では、様々な補助金・助成金を企業や個人事業主に支給することにより、経済的な活動の支援を行っています。 新型コロナウイルス感染症においての経済的ダメージを回復させるための施策として補助金・…
「未来の林業を支える林業後継者養成事業」補助金
林野庁は令和6年度「森林・林業担い手育成総合対策のうち森林・林業担い手育成対策のうち未来の林業を支える林業後継者養成事業」の実施主体の公募について発表しました。 高校生等を対象とする林業への就業の促進…
令和5年度「中小企業地域経済政策推進事業費補助金(地域DX促進環境整備事業)地域DX支援活動型」
経済産業省は、令和5年度「中小企業地域経済政策推進事業費補助金(地域DX促進環境整備事業)地域DX支援活動型」の補助事業者の公募について発表しました。 地域企業で取り組みが遅れているDXを強力に推進す…
「ビジネスコミュニティ型補助金」第6回公募
日本商工会議所は「ビジネスコミュニティ型補助金」の第6回公募について発表しました。 この補助金は、地域の若手経営者等、または女性経営者等のグループによる、販路開拓支援、事業承継支援、地域の防災、災害復…
株式会社Iproject 岩井伸夫|霧島の魅力を五感で楽しみつくす一日一組限定の戸建て宿泊施設「HOUSE Kuu」の事業展開が注目の企業
九州は霧島の魅力を伝え、霧島を楽しみつくしながら新しい地域ブランドを作り上げていく、リアルプラットフォーム「キリシマスタイル」を確立していく足掛かりとして、一日一組限定の戸建て宿泊施設「HOUSE K…

大久保の視点

ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】