注目のスタートアップ

災害対策DXや長距離無人航空機「テラ・ドルフィン」の開発に取り組む「テラ・ラボ」が資金調達

company

2022年3月8日、株式会社テラ・ラボは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社ACSLと、DRONE FUND株式会社です。

長距離無人航空機「テラ・ドルフィン」の開発や、広域災害対策情報支援プラットフォーム「テラ・クラウド」を活用した災害対策DXに取り組んでいます。

「テラ・ドルフィン」は、衛星通信による長距離無人航空機です。主に災害時などにおける地上の被害情報を収集する機体として開発されています。

全幅4.3mの機体である「TERRA Dolphin 4300」は、航続時間が10時間で、巡航速度が100km/h~150km/h、航続距離は1,000kmとなっています。

また、災害の発生時には、ドローンやヘリなどで上空から情報収集を行い、「テラ・クラウド」を通じて自衛隊・警察・消防署等に提供しています。2021年7月に発生した熱海市土砂災害の調査において実際に情報を提供したという実績があります。

「テラ・クラウド」は、テラ・ラボから提供される情報の管理だけでなく、自治体・警察・消防・民間で分散している災害情報を一元管理することができるプラットフォームです。

今後、「テラ・クラウド」導入拡大のため、株式会社ACSLが開発した国産ドローンを自治体や消防等で活用できるよう支援し、災害対策DXを推進していく予定です。

今回の資金は、「テラ・ドルフィン」の開発、「テラ・クラウド」を活用した災害対策DXの早期実現に向けた施策に充当されます。

日本の自然災害件数は変動を伴いながらも増加傾向にあります。また、気候変動による豪雨災害も目立っているほか、大きな被害をもたらすと予測される南海トラフ地震の発生も予見されており、災害対策は喫緊の課題となっています。

災害時の避難や救助などを円滑にするためには、迅速な情報収集が欠かせません。

近年のドローンといったテクノロジーは災害時の情報収集において大きな役割を果たすと考えられており、ドローンの開発や周辺サービスの開発が続けられており、すでに実際の災害現場においても活用されています。そのなかでも無人航空機は、リスクの高い現場や夜間でも飛行が可能であるため、災害現場では非常に役立つもののひとつです。

空撮などでよく使われる水平のプロペラを搭載した小型ドローンは連続飛行時間が短く、約10分~40分程度しか飛行することができません。そのため広範囲の情報を収集するためには、複数台・複数回飛ばす必要があるのです。

テラ・ラボの開発する「テラ・ドルフィン」は、一般的な飛行機のような見た目をしており、小型ドローンよりも大型になってしまうのですが、連続飛行時間が10時間と非常に長いことが特徴的です。

またテラ・ラボは、広域災害対策情報支援プラットフォーム「テラ・クラウド」による災害対策DXも推進しています。

災害現場での迅速な情報収集と正しい情報の活用は非常に重要なのですが、多くの現場では複数の組織が関わることが多く、その間での情報管理がスムーズにいっているとは言い難い状況にあります。

災害対応にあたる組織が同じ情報管理・共有システムを利用すればそういった課題を解決できるため、テラ・クラウドは「テラ・クラウド」の導入拡大にも力を入れています。

これまで世になかったプロダクトを開発するためには、研究開発のための潤沢な資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ACSL DX テラ・クラウド テラ・ドルフィン テラ・ラボ ドローン 一元管理 情報 情報収集 株式会社 消防 災害 災害対策 無人航空機 自治体 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

株式投資型クラウドファンディング「Unicorn」1号案件の「スポットツアー」の資金調達を5分で達成
株式会社ユニコーンは、「Unicorn」の第1号案件としてスポットツアー株式会社の株式の募集を2019年7月22日に行い、目標募集額の5,000万円を達成したことを発表しました。 この目標金額は、わず…
サイバー・セキュリティの「Blue Planet-works」が23億円調達
2019年9月2日、株式会社Blue Planet-worksは、総額23億円の資金調達を実施したことを発表しました。 コンピューター・ウイルスが侵入されても発症しない独自技術を活用した「AppGua…
インフルエンサー・プラットフォーム事業の「WoW JAPAN」とインフルエンサー・マーケティングの「リグラフィティ」が業務提携
2020年10月12日、株式会社WoW JAPANと、株式会社リグラフィティは、2020年10月2日に業務提携したことを発表しました。 WoW JAPANは、インフルエンサーとブランドをマッチングする…
研究開発リソースのシェアリングプラットフォームを提供する「Co-LABO MAKER」が1億円調達
2022年5月2日、株式会社Co-LABO MAKERは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Co-LABO MAKERは、研究リソースのシェアリングプラットフォーム「Co-LABO…
「Conoris Technologies」が7,500万円調達 クラウドサービス事業者向けセキュリティチェック効率化サービス「Conoris Answer」をリリース
2022年8月24日、株式会社Conoris Technologies(旧社名:株式会社ミツカル)は、約7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、新プロダクト「Conoris An…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ