【東京都】「第7回躍進的な事業推進のための設備投資支援事業」

subsidy

東京都は、「第7回躍進的な事業推進のための設備投資支援事業」の募集を開始したことを発表しました。

「躍進的な事業推進のための設備投資支援事業」を令和3年度から実施しています。この事業は、都内中小企業者が「製品・サービスの質的向上」による競争力強化や「生産能力の拡大」のための生産性向上を進める際に必要となる機械設備等の導入経費の一部を助成します。

今年度から、すべての事業区分においてゼロエミッション要件・賃上げ要件の適用が可能となっています。

助成対象者

令和6年4月1日現在で、東京都内に登記簿上の本店又は支店があり(個人にあっては都内で開業届出をして事業を営んでいる者)、2年以上事業を継続している中小企業者等

助成対象事業

以下の1~4のいずれかに該当する事業であること。

「1 競争力強化」
更なる発展に向けて競争力強化を目指した事業展開に必要となる機械設備を新たに導入する事業

「2 DX推進」
IoT、AI、ロボット等のデジタル技術の活用により、新しい製品・サービスの構築や既存ビジネスの変革を目指した事業展開に必要となる機械設備を新たに導入する事業

「3 イノベーション」
都市課題の解決に貢献し国内外において市場の拡大が期待される産業分野において、新事業活動に取り組むことで、イノベーション創出を図るために必要となる機械設備を新たに導入する事業

「4 後継者チャレンジ」
事業承継を契機として、後継者による事業多角化や新たな経営課題の取り組みに必要となる設備等を新たに導入する事業

助成率・助成限度額

事業区分 要件 助成額
ゼロエミ要件 賃上げ要件 助成率
1 競争力強化  
中小企業者
2分の1以内 100万~1億円
  3分の2以内
4分の3以内
  4分の3以内
 
小規模企業者
3分の2以内
  3分の2以内
4分の3以内
  4分の3以内
2 DX推進
3 イノベーション
4 後継者チャレンジ
3分の2以内
  4分の3以内
  4分の3以内

申請予約期間

2024年5月1日(水)~2024年5月21日(火)17:00

申請受付期間

2024年5月8日(水)~2024年5月24日(金)17:00


経済産業省は、2025年までに日本企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)を達成できない場合、最大で年間12兆円もの経済損失が生じる可能性があると警告しています。

DXとは、単なるデジタル化ではなく、テクノロジーとデータの効果的な活用により、企業や組織を根本的に変革し、競争力を確立する施策のことです。

DXの実現には、AI、IoT、ロボット、ブロックチェーンなどの最先端テクノロジーを導入し、それらを活用するための設備投資が必要です。しかし、設備投資には高額なコストがかかるため、中小企業はDXに必要な資金調達に課題を抱えています。

同時に、世界的には環境負荷の低減を図る経済活動への移行が進んでおり、これに迅速に対応する必要があります。

「躍進的な事業推進のための設備投資支援事業」は、競争力強化のための設備投資を支援する助成金制度です。最大1億円という強力な支援を受けることができるため、大きな成長を目指す中小企業はぜひ活用を検討しましょう。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金のノウハウを解説しています。

また、日々更新される補助金・助成金の情報を、個人に最適化してメールでお知らせする「補助金AI」も運営しています。こちらもご活用ください。

ほかにも、資金調達のノウハウを集めた「資金調達手帳」も無料でお送りしています。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ サービス ゼロエミッション 中小企業 助成 向上 導入 拡大 東京都 機械設備 生産 生産性向上 能力 製品 賃上げ 躍進的な事業推進のための設備投資支援事業
詳細はこちら

第7回躍進的な事業推進のための設備投資支援事業募集開始

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

人事労務クラウド・ソフト「オフィスステーション」が就業管理システム「クロノスPerformance」と2月から連携
2021年1月7日、株式会社エフアンドエムは運営する「オフィスステーション」において、クロノス株式会社が提供する「クロノスPerformance」と2021年2月からAPI連携を開始することを発表しま…
フードロスを活用したコオロギ生産などの「エコロギー」が資金調達
2021年12月27日、株式会社エコロギーは、資金調達を実施したことを発表しました。 フードロスを活用したコオロギの生産や、マルマタしょう油合資会社と共同でのコオロギ味噌/醤油の開発・提供、コオロギ粉…
上司シェアリング・サービス「SHARE-BOSS」でサブスクリプション・サービスがリリース
2019年9月12日、カーマンライン株式会社は、「SHARE-BOSS(シェアボス) 」において、サブスクリプション・サービスをスタートしたことを発表しました。 「SHARE-BOSS」は、上司のシェ…
バーチャルインテリアサービスなどを手がける「カラーアンドデコ」が2.2億円調達
2023年6月21日、株式会社カラーアンドデコは、総額2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 カラーアンドデコは、空室や居住中の物件写真や360度パノラマ写真に3DCGのインテリア…
【東京】「中小企業DX 推進に係るスタートアップ支援事業( DX Scrum Team プロジェクト )」 スタートアップの実証実験を支援
2022年11月4日、東京都は、「中小企業DX 推進に係るスタートアップ支援事業(DX Scrum Team プロジェクト)」(第1期)について発表しました。 企業が抱える課題の解決に資する販売(事業…

大久保の視点

ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】