注目のスタートアップ

LINEを活用した妊活コンシェルジュサービス「famione」を提供する「ファミワン」が資金調達

company

2022年6月1日、株式会社ファミワンは、資金調達を実施したことを発表しました。

ファミワンは、LINEを活用した妊活コンシェルジュサービス「famione(ファミワン)」を提供しています。

不妊症看護認定看護師・臨床心理士・胚培養士・カウンセラーなどの専門家がチームとなり、妊活初期、病院選び、治療のステップアップ、治療中の相談、治療の終了などあらゆる過程をアドバイス・サポートを行うサービスです。

2018年9月から福利厚生としての提供を開始しており、様々な企業への導入が進んでいます。

また、2020年5月からは自治体への提供も開始し、自治体の妊活・不妊治療を支援しています。

今回の資金は、人材採用の本格化に充当します。

国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査」(2015年)には、「不妊についての心配と治療経験」という章があり、調査の結果とデータが掲載されています。

この調査によると、不妊を心配したことがある(または現在心配している)夫婦の割合は35.0%で、子どものいない夫婦では55.2%となっています。また、実際に不妊の検査や治療を受けたことがある(または現在受けている)夫婦は全体で18.2%で、子どものいない夫婦では28.2%となっています。

以上のデータから不妊に悩む人が相当数存在していることがわかります。日本では少子化が課題となっているため、子どもが欲しいのに授かることができないという不妊に関する支援体制の充実も必要であると考えられます。

一方で日本では子どもは天からの授かりものであり、作ろうと思って作ったりするのではなく自然に任せるという考え方が強く、適切な妊活や不妊治療に望めない夫婦が数多く存在しているといわれています。

そのため両親や周囲などに相談することもはばかられ、妊活・不妊治療に特化した相談サービスなどのニーズがあるのです。

また、妊活・不妊治療は医療の一種であるため、最新の研究成果を踏まえ、エビデンスにもとづいて取り組んでいくことが重要です。

こういった観点からも専門家によるアドバイス・サポートは重要であり、今後妊活・不妊治療が社会課題として認知されるにつれ、さらに市場を拡大していくと考えられます。

株式会社ファミワンのコメント

このニュースを受けまして、株式会社ファミワン 代表取締役 石川勇介氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

この妊活・不妊治療という大きな社会課題解決に向けて、より一層のスピードで取り組んでいくための資金になります。

事業提携、営業、マーケティングなどの投下し、認知度拡大を狙います。

そして、なによりもその実現に向けてチームを強化していくために人材に投下します。

・今後の展望を教えてください。

福利厚生の導入企業や提供している自治体の数を増やし、妊活の支援があたりまえの世の中にします。

サービスも、妊活だけでなく性教育、月経、妊娠出産育児、更年期など今の妊活支援で実現できている「悩む前からの支援」を広げていきます。

・読者へのメッセージをお願いします。

この大きな社会課題に取り組むには、1名でも多くの仲間が必要です。

もちろん、今すぐにという方もいれば、タイミングとみてという方もいますが、どんな形であれ、関わりたいと思ってくれる気持ちがとても励みになります。是非引き続きよろしくお願いします。

医療や農業など、様々な社会課題が喫緊の問題として迫ってきていますが、AIなどの最新技術の進展や、スマートフォンの普及により、アイデア次第で社会課題を解決できる状況となっています。「冊子版創業手帳」では、社会課題をビジネスで解決することを目指す起業家のインタビューを掲載しています。先人の思考や手法を知ることは、新たなビジネスの創造に役立つでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ famione LINE コンシェルジュ サービス ファミワン 不妊 不妊治療 医療 妊娠 妊活 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「サムライインキュベート」がイスラエルのEC事業者向けリスク分析SaaSを提供する「Fugu」に出資
2021年4月23日、株式会社サムライインキュベートは、Fugu Risk Ltd.(本社:イスラエル・テルアビブ、CEO:Amir Meir Sadras)に出資・成長支援することを決定したことを発…
建設・土木の生産支援クラウド運営の「フォトラクション」が1億円調達
2019年3月29日、株式会社フォトラクションは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 建設・土木向け生産支援クラウド「Photoruction」を運営しています。 データ整理や資料作…
介護施設向け医療相談・夜間オンコール代行サービス提供の「ドクターメイト」が10億円調達
2022年5月23日、ドクターメイト株式会社は、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ドクターメイトは、オンラインでの医療相談サービスと夜間オンコール代行サービスを組み合わせた、介護施…
AIによるプロファイリング技術の「AIQ」が2億円調達
AIQ株式会社は、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 人工知能(AI)によるプロファイリング技術をもとに、“企業と個人の新しい繋がりを創るプラットフォーム”を提供しています。 効率的…
下膳自動化ロボット開発の「スマイルロボティクス」が4,500万円調達
2020年1月30日、スマイルロボティクス株式会社は、総額4,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 食店向けにホールにおける片付けオペレーションを省力化する下膳自動化ロボットを開発してい…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ