注目のスタートアップ

LINE公式アカウントを活用したECショップ作成サービス「Atouch」を手がける「IRISデータラボ」が1.1億円調達

company

2024年4月1日、IRISデータラボ株式会社は、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

IRISデータラボは、ネットショップ作成サービス「Atouch(アタッチ)」を開発・提供しています。

LINE公式アカウントを利用したオリジナルECショップの開設と、その運営を実現するサービスです。

商品管理、販売、販売管理、プロモーション、コミュニケーションなど、ECショップ運営に必要な機能を提供しています。

また、自動応答やチャットボットを活用したコミュニケーション機能により、顧客とのスムーズな対話とそれに伴う顧客満足度の向上を実現しています。


経済産業省の「令和4年度電子商取引に関する市場調査」によると、2022年の物販系BtoC-EC市場規模は、13兆9,997億円(前年比5.37%増)に拡大しています。また、すべての商取引におけるオンラインショッピングの割合であるEC化率も9.13%(前年比0.35ポイント増)であり、EC市場が着実に成長していることがわかります。

ECは、スモールビジネスにとって重要な販路であり、全国や世界にリーチできる可能性があります。また、実店舗を持たなくてもコストをかけずにビジネス展開が可能であるという利点もあります。

しかしECには、ファン化・集客・接客・価格競争などの課題も存在します。とくに、プラットフォーマーが提供するECサイト上に出店・出品する形であるモール型ECは参入が容易であるものの、他店との価格競争や自社の特色を出しにくいといった問題があります。

このような状況下で注目されているのが、自社ECショップとその構築・運営を支援するサービスです。

IRISデータラボは、国内最大級のSNSであるLINEを活用したEC作成サービス「Atouch」を提供しています。

LINEは多数のユーザーを抱え、その属性に偏りが少ないため、広範なユーザーにリーチするのに最適なプラットフォームです。また、ユーザーがUIに慣れていることも、顧客体験に有利な要素となります。

ECはコロナ禍において販路開拓や販路拡大のための重要なチャネルとなりました。一方でECにはEC独自の集客ノウハウが存在します。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ネット通販のはじめ方や、ネットでの集客ノウハウについて詳しく解説しています。

また、ビジネスの成長段階においては資金調達が重要となります。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Atouch BtoB EC ECサイト IRISデータラボ LINE公式アカウント アタッチ サービス ショップ ネットショップ ネット通販 作成 株式会社 資金調達 開設
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

非営利組織やNPO団体のための寄付決済・支援者管理サービス「congrant」を提供する「コングラント」が1.6億円調達
2022年11月7日、コングラント株式会社は、総額1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 コングラントは、非営利組織やNPO団体のための寄附決済・支援者管理サービス「congran…
データを中心としたDX支援を展開する「アイディオット」が「エイチ・アイ・エス」から資金調達
2022年6月30日、株式会社アイディオットは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社エイチ・アイ・エスです。 アイディオットは、DX支援事業や、データ売買マッチングプラットフォー…
精密積層造形メーカーの「BMF」が2,400万ドル調達
2023年8月18日、BMF Japan株式会社は、米・Boston Micro Fabrication(BMF)が、2,400万ドル(約35億円)の資金調達を行ったことを発表しました。 BMFは、2…
AIによるエントリーシート自動作成サービス「ES Maker」がリリース
2023年3月17日、Ann株式会社は、新サービス「ES Maker」を一般公開したことを発表しました。 「ES Maker」は、AIによってエントリーシートの見本を自動で作成するサービスです。 質問…
図面管理システム「ズメーン」を提供する「Fact Base」が9億円調達
2024年2月5日、株式会社Fact Baseは、総額9億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Fact baseは、図面管理システム「ズメーン」を開発・運営しています。 見積書・工程指南書・検…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】