【特許庁】特許審査におけるスタートアップ向けプッシュ型支援(PASS)実施へ

tips

経済産業省 特許庁は、「スタートアップに対するプッシュ型支援」(PASS)を2024年4月から実施することを発表しました。

「スタートアップに対するプッシュ型支援」(PASS)は、特許庁からスタートアップにアプローチし、特許庁の各種支援施策の活用を促すことで、円滑かつ効果的な権利取得を支援する仕組みです。

スタートアップの事業戦略に応じて面接審査等を活用し、事業に即した権利の取得につながるよう特許審査官が支援を行います。

具体的には、特許を出願したスタートアップやその代理人に対して、特許庁側から電話やメール等で積極的に連絡を取り、各種支援策を紹介することでそれらの活用を促進します。

とくに、支援策のひとつである「スタートアップ対応面接活用早期審査」では、特許審査官によるきめ細やかなサポートを提供し、事業に即した権利の早期取得を支援します。

これまでの「スタートアップ対応面接活用早期審査」では、早期審査に関する事情説明書の提出が必要でしたが、PASSによって連絡を受けた出願人は、事情説明書を提出することなく、簡易的な手続きで早期審査を受けられます。


スタートアップはイノベーションの担い手として大きな期待が寄せられています。イノベーションは年々深刻化する社会課題を解決するものであると同時に、経済成長を牽引するものでもあります。

こうした中で、スタートアップは増加傾向にあり、大学発スタートアップの増加が顕著に増加傾向にあります。

大学発スタートアップはイノベーションをもたらすディープテック分野での事業化を目指している割合が高いことから、社会課題解決に果たす役割は大きいと考えられます。

しかし大学発スタートアップにおいてはIPOに至る企業数が少ないという課題を抱えています。

また、スタートアップがユニコーン企業などへの大きな成長を果たすには、自社のビジネスモデルに応じた知財戦略を構築することが重要です。

しかしながら、特許庁「スタートアップが直面する知的財産の課題に関する調査研究報告書」によれば、大学発ベンチャーにおいて「効果的な特許戦略へのアドバイス」を受けたとの回答は約2割(2021年時点)と、低い水準にとどまっています。

したがって、スタートアップの知的財産分野における支援の充実が求められています。

知的財産権の活用のためには、スタートアップ・中小企業のビジネスのことを理解した専門家の支援を受けることが重要です。創業手帳は無料で専門家の紹介を行っているため、知財活用を考えている企業はこちらを活用できます。また、起業家や専門家の生の声をもとに記事化した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」も無料で発行しております。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ IP PASS スタートアップ スタートアップに対するプッシュ型支援 審査 支援 特許 特許庁 知的財産権 知財 経済産業省
詳細はこちら

特許審査においてスタートアップに対するプッシュ型支援(PASS)を実施します

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

【1/31開催】スタートアップ都市推進協議会主催のマッチングイベント「JAPAN STARTUP SELECTION the 10th Anniversary」
「JAPAN STARTUP SELECTION the 10th Anniversary」のご案内です。 10自治体(青森市、富谷市、つくば市、千葉市、浜松市、高岡市、北九州市、福岡市、別府市、熊本…
スタートアップ向け融資事業「Flex Capital」や個人向け積み立てアプリを展開する「Fivot」が10億円調達
2022年9月21日、株式会社Fivotは、総額約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Fivotは、スタートアップ向け融資事業「Flex Capital」や、個人向け積み立てアプリ「ID…
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の際に25%減税される仕組みがある。今回は買収…
「TradFit」のAIスピーカーに話しかけるだけで最適な旅行情報を提案する基本特許技術「スマート旅行」を発表
2021年12月4日、TradFit株式会社は、基本特許技術「スマート旅行」を発表しました。 「スマート旅行」は、AIスピーカーから顧客の要望を受け付け、好みに応じたレストランや、観光地、アクティビテ…
「シニフィアン」が200億円規模の新ファンドを組成
2019年6月26日、シニフィアン株式会社は、総額200億円のファンド「THE FUND」を設立したことを発表しました。 上場前段階に差し掛かる、レイター・ステージのスタートアップを主な支援対象とした…

大久保の視点

ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】