「ICT STARTUP LEAGUE」開発支援金・伴走支援

subsidy

総務省は、令和5年度から「スタートアップ創出型萌芽的研究開発支援事業」を開始することを発表しました。

この事業では、ICT分野におけるスタートアップの起業や事業拡大に必要な支援と競争の場を提供する官民一体の取り組みとして「ICT STARTUP LEAGUE(ICTスタートアップリーグ)」を推進します。

「ICTスタートアップリーグ」は、スタートアップに知見のある有識者、企業、団体とともに、官民が一体となり、スタートアップの成長に必要な「支援」と「競争の場」を提供するプログラムです。

Support I

概要:これから本格的に起業や事業化を目指す個人・グループ・起業して間もないスタートアップなどが行うICTの研究開発を支援
開発支援金:最大300万円
支援期間:6か月

Support II

概要:事業の確立、拡大を目指し、技術の事業化、事業計画のブラッシュアップ等に取り組む個人・グループ・スタートアップが行うICTの研究開発を支援
開発支援金:最大2,000万円
支援期間:6か月

伴走支援

Support I、IIともに、以下の伴走支援を行いスタートアップの立ち上げや成長を支援し促進します。
・専門家による起業、開発、実用化への助言
・人材確保のサポート
・ピッチ、マッチングイベントの開催
・実用化に係る事務的な支援 (購買、物品管理、特許取得サポート等)
・開発、起業ノウハウに関する勉強会

募集期間

2023年6月19日(月)~2023年7月31日(水)18:00


ICTとは、Information and Communication Technologyの略で、いわゆる情報通信技術のことです。

ICTは、コンピューターによる情報処理技術だけでなく、インターネットなどの通信技術を利用した産業やサービスを含みます。

総務省は、日本が抱える、地域経済の活性化、社会保障費の増大、大規模災害対策などさまざまな課題に対応するには、さまざまな領域でのICTの効果的な活用が重要であり必要不可欠であるとしています。

たとえば、介護の現場では人手不足が深刻な課題となり、現場の業務効率化や省人化が求められています。そこで活用できるのが、センサーやカメラなどを利用した、高齢者の見守りサービスです。見守りサービスはクラウドなどを活用し、リアルタイムでの遠隔の見守りを実現します。高齢者の急変や転倒などを即座に察知します。見守り業務の効率化を実現すると共に、早期の適切な処置を実現するため、介護現場にとってはなくてはならないシステムになると考えられます。

このようにICTはさまざまな領域で重要な役割を果たします。

「ICTスタートアップリーグ」は、ICTの領域での起業・事業化や、成長を目指すスタートアップを支援することで、世界に誇れるスタートアップの輩出を目指しています。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金のノウハウを解説しています。また、日々更新される補助金・助成金の情報を、個人に最適化してメールでお知らせする「補助金AI」をリリースしました。こちらもご活用ください。

また、補助金以外でも資金調達によって資金を確保することも重要です。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ ICT ICT STARTUP LEAGUE ICTスタートアップリーグ スタートアップ スタートアップ創出型萌芽的研究開発支援事業 伴走支援 創出 支援事業 研究開発 総務省 開発支援
詳細はこちら

ICTスタートアップリーグ

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

新素材「ナノマテリアルコート」の研究開発を行う「ハドラスホールディングス」が8.5億円調達
2022年5月24日、ハドラスホールディングス株式会社は、総額約8億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ハドラスホールディングスは、対象物にコーティングすることで超薄膜を形成する機…
セミナー「スタートアップによる大規模技術実証を支援する補助金について」
一般財団法人バイオインダストリー協会は、セミナー「スタートアップによる大規模技術実証を支援する補助金について」の開催を発表しました。 スタートアップ等によるイノベーション創出をするためのSBIR(Sm…
技術系ベンチャーを選定する第4回「J-TECH STARTUP SUMMIT」の募集が開始
2019年9月24日、一般社団法人TXアントレプレナーパートナーズは、第4回「J-TECH STARTUP SUMMIT」(ジェイテック スタートアップ サミット)の企業募集を開始したことを発表しまし…
【12/10開催】「G-1スタートアップグランプリ」学生起業家No.1を決定
「G-1スタートアップグランプリ」のご案内です。 この大会は、学生起業家No.1を決め、「一度きりの人生をかけて世界を変えようと志す若者を応援する」ピッチイベントです。 概要 ・入力情報より選考し、フ…
ベンチャー企業データベース運営の「フォースタートアップス」が米国「Crunchbase」と提携
2019年7月16日、フォースタートアップス株式会社は、Crunchbase, Inc.と業務提携したことを発表しました。 フォースタートアップスは、国内の成長産業領域におけるスタートアップ・ベンチャ…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】