注目のスタートアップ

Web3ゲームやプラットフォーム事業を手がける「Mint Town」が「NTTドコモ・ベンチャーズ」から資金調達

company

2024年2月22日、株式会社Mint Townは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社NTTドコモ・ベンチャーズです。

Mint Townは、株式会社BLOCKSMITH&Co.と共同開発したWeb3ゲーム『キャプテン翼 -RIVALS-』の運営や、Web3ゲームの開発を展開しています。

今後、無料ゲームでポイントを獲得できるポイ活サービス「MintTown」のグローバル展開を予定しています。

「MintTown」は、将来的にWeb3ゲームプラットフォーム化を目指し、独自ウォレットや独自トークンの発行を検討しています。

今春リリースに向けて開発を行っています。


Web3ゲームは、ブロックチェーン技術を駆使し、新たなゲーム体験を提供するものです。ブロックチェーンゲーム、NFTゲーム、GameFiなどとも呼ばれています。

この新しい形態のゲームでは、プレイヤーはゲームをプレイすることでNFTや暗号資産を獲得することができます。この仕組みは「Play to Earn(遊んで稼ぐ)」と呼ばれています。

従来のソーシャルゲームやビデオゲームでは、プレイヤーは時間を費やすことでゲーム内の通貨を稼ぎ、アイテムを入手し、キャラクターを強化することができます。これらの努力はプレイヤーにとって価値のあるものですが、一般的なゲームではそれらを実際の通貨などの別の価値に変換することはできません。

とはいえ、そのゲームを遊ぶプレイヤーにとっては、ゲーム内のアイテムや育ったキャラクター、アカウントなどは価値があるため、現実のお金を支払うことでそれらを手に入れるRMT(リアルマネートレード)などが行われています。このRMTは多くのゲームタイトルでは認められていませんが、公式に容認されている一部のゲームもあります。

しかしながら、これらのゲームではハッキングやチートなどの不正行為によってアイテムやアカウントを入手するプレイヤーも存在し、健全な経済圏の確立が困難であるという問題を抱えています。

そして近年は、ソーシャルゲームのサービス終了により、プレイヤーが気づき上げた価値・資産がなくなってしまうことも問題視されています。

こうした背景のもとで登場したのがWeb3ゲームです。Web3ゲームは、ブロックチェーン技術を活用することでこれらの問題を解決し、ゲーム内外にわたる健全な経済圏を実現します。

たとえば、対戦や大会での勝利、クエストの達成などの活動によって暗号資産を獲得できます。さらに、Web3ゲームではゲーム内アイテムやキャラクターがNFTとして存在するため、これらの希少な資産をNFTマーケットで売買することが可能です。

Web3ゲームは、既存のゲームの枠組みを大きく変革する可能性を秘めており、業界内で大きな注目を集めています。

Mint Townは、Web3ゲームの開発だけでなく、プラットフォームの開発も行い、業界の成長とWeb3の普及に貢献することを目指しています。

企業・事業の成長には戦略的な資金調達やシナジーのある企業などとの提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BLOCKSMITH&Co. GameFi Mint Town NFT NFTゲーム NTTドコモ・ベンチャーズ Web3ゲーム エンターテインメント キャプテン翼 -RIVALS- ゲーム ソーシャルゲーム ビデオゲーム プラットフォーム ブロックチェーン ブロックチェーンゲーム 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

脳波測定デバイスによる睡眠状態可視化サービス「InSomnograf」提供の「S’UIMIN」が5億円調達
2021年12月20日、株式会社S’UIMINは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 睡眠状態を高精度で可視化するサービス「InSomnograf」を提供しています。 脳波を測定できる…
循環型社会に向けたインフラ・システム開発やリユース・リサイクル事業を展開する「ECOMMIT」が9.4億円調達
2023年10月20日、株式会社ECOMMITは、総額約9億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ECOMMITは、循環型社会に向けたインフラ・システム開発や、リユース・リサイクル事…
大学生・大学教員・大学職員限定のSNS「Union」運営の「Anlimited」が2,500万円調達
2022年4月20日、Anlimited株式会社は、総額2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Anlimitedは、大学生・大学教員・大学職員限定のSNS「Union」を運営していま…
社内向け情報共有サービス「Qiita Team」 グループ機能の活用を促進する新UIを正式公開
2022年6月17日、Qiita株式会社は、提供する「Qiita Team(キータチーム)」において、2022年6月16日(木)から新たなUIを正式版として公開したことを発表しました。 「Qiita …
植物コミュニティアプリなどを展開する「GreenSnap」が2億円調達
2022年11月30日、GreenSnap株式会社は、2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、愛知豊明花き地方卸売市場を運営する豊明花き株式会社です。 GreenSnapは、植物コミ…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】